見栄を張るのは弱い証拠。過去の僕へ

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブの生方(ウブカタ)です。

 

先日、友人と話していた時に昔話になりました。

 

その当時、僕が友人に悩み相談?みたいな感じで電話をしたそうです。(したそうですと、書いてますがハッキリと覚えてます)

 

僕:【あ~。。。何であんなウソついちゃったんだろう・・本当情けない・・・あ~(溜め息)。。。】

 

こんな風に電話をしたそうです。

 

その内容はピノキオにも劣らない程の大嘘を僕はついてしまいました。

 

そんなお話です・・・

 

出来る男に見られたくてウソをつく男

 

この話をマリブを立ち上げて間もないころの話です。

 

僕は食べられないので、パソコン事務のアルバイトを週3日日勤でしてました。

 

ひょんなキッカケで外部の女性と食事をする事がありました。

 

この女性に好意があった訳ではありません。普通の知人です。

 

普通の世間話をして楽しんでました。

 

そして、何故僕が週3日のみしかアルバイトをしてないのか?という質問がきました。

 

ここから僕の大嘘つき物語の始まりです・・・

 

女性:なんで週に3日しかバイトしてないの?他にもやってるの?

 

僕:いや、やってないよ。ウソ①深夜コンビニでバイトをしてました。

女性:えっ!それだけで食べていけるの!?

僕:うん、まぁ。まぁまぁイイじゃんそこは。(聞いて欲しい感じで)

女性:気になるじゃん!親が金持ちとか?

僕:全然。俺んち母子家庭だし。

女性:どうやって生活してるか教えてよ~(笑いながら)

僕:わかったって!(待ってました!の様なテンション)

女性:うん何?何?

僕:俺実はさ、自分で商売してんだよ。

女性:えっ!そうなの?何の仕事?

僕:水槽のレンタル

女性:水槽のレンタル?どういう仕事?

 

~中略~

 

僕:だから本業で食えてるわけよ。

女性:すごいじゃん。でもさ、じゃあ何でバイトしてんの?

僕:そこ聞く?

女性:絶対聞くでしょ。

僕:気分転換。ウソ②食えないからです。大変良い方ばかりに恵まれて今でも感謝しております。

女性:気分転換?

僕:うん。ホラ1人でやってるからさ、頭が狂いそうな時があんのよ。

女性:へ~。だから3日なんだ。

僕:3日が限度だね。

女性:なるほどね~。でも食べれてるのはすごいじゃん。

僕:まぁ、なんとかね。最近は問い合わせもかなり多くてさ、ウソ③お問い合わせ0件でした。

女性:へ~。やりたい事で生きていけるのは幸せだよね。

僕:間違いないね。今幸せしかないもん。ウソ④全ての景色が真っ黒に見える程、悩んでました。

女性:私は毎日幸せなのかな~。

僕:仕事はどうなの?

女性:やりがいはあるけど、お給料も良くないし、人間関係も面倒な事あるし・・微妙

 

~中略~(女性の愚痴聞きタイム)

 

僕:なるほどね。大変だね。

女性:うん。。。でも生方さんはそういうストレスはないんでしょ?

僕:まぁ、ないね。ウソ⑤組織的な悩みはありませんが、先が見えないストレスは常に抱えていました

女性:イイナぁ~!

僕:まぁそんな楽でもないよ~(嬉しそうに)

女性:まぁ、大変だろうけどさ~。食べれてるのならスゴイじゃん。

僕:まぁ、ありがたいことだよね。

女性:1人でやってるの?

僕:ん~っとね・・・

女性:うん。

僕:今ね、お客さんが増えてオレ1人じゃさすがに回らないから求人だそうかと思ってる。

ウソ⑥お客様0件です。自分自身ですら食べれてません。情けないです。

女性:へ~。じゃあちゃんと回って経営してるんだ~。

僕:そりゃそうだよ。最近はホームページから働きたい!って子たち多いもん。

ウソ⑦問い合わせ0件です。当然その連絡はきてません。

女性:そっか。でもある種特殊な商売だから人探すの大変じゃない?

僕:人が1番難しいよ。

女性:だよね。普通に求人打ってくるの人材?

僕:そこも当然考えてるよね。

女性:何?どうすんの?

僕:アクアリウム専門の学校からインターンで2人来てもらおうと思ってる。

女性:インターン?

僕:そうだよ。

女性:普通に会社なんだね!

僕:当たり前じゃん(笑)

女性:若いのにスゴイね。

僕:いや、そんなことないよ~(飛び切りの笑顔で)

女性:いや、すごいよ~

僕:あざーす!

女性:なんか社長さんって軌道に乗るまで時間かかって大変ってよく言うじゃん?すごいって!

僕:あざーす・・・

女性:今後が楽○△×?だ○ね△>?

僕:うん・・・

女性:○△×?△>?//×○×△(情けなくてなってもう聞こえません)

僕:うん・・・・

女性::○△×?△>?//×○×△××!!△

僕:うん・・・

 

罪悪感と情けなさが滲み出る

 

なんであんなウソをついてしまったんだろう・・

情けねぇ・・本当情けねぇ・・・マジでバカだ・・オレ・・

 

言うまでもなく帰り道はこんな思考で30分で帰れる道を歩いてさらに遠回りをして

6時間位歩いて下を向きながら帰りました。

この時は自分の器の小ささに情けなく落ち込みました。本当に落ち込みました。

今ならハッキリ言えます。

カッコつけたかったんです

 

ただそれだけです

 

 

特別な理由は何ひとつありません。

 

でかい男を装いたかったんです

 

見栄を張って気付いた教訓

 

僕は読書を人並み以上にしています。

 

その本の中に幾度となく登場し続けてる

 

見栄を張るのは弱い証拠。

 

自分は出来てると思っていました。

 

しかし、全然できてませんでした。

 

こんな情けない僕ですが、教訓もできました

 

それは、見栄を張ると

 

メチャクチャ虚しくなり、惨めな気持ちが心を支配してしまうことです。

 

これは、本当にきつい。本当に・・・

 

今ならウソなく言えます。

 

起業したけどうまくいかなくて食べられないからバイトしてるんだ!誰かいたら紹介してよ!

 

こんな簡単な事が言えませんでした。

 

というより、言いたくありませんでした。

 

自分の事業に自信があるから、組織から飛び出した訳で、プライドが邪魔をしたんです。

 

いらないプライドだとは本当はわかってた・・

 

でも素直にさらけ出せなかった・・

 

今なら言えます。もう恐いものも、恥もありません。

 

素直に言える人は強い人。と強く思いました。

 

そんな人間になろうとあの日誓いました。

 

正直、今は強い人間か?と問われたら弱い人間です!と答えます。

 

だって本当に弱いですから。

 

見栄やウソは自分自身を殺している事だと思います。

 

つまり、自信がなかったんです。

 

あるように思い込ませて心の奥底ではなかったんだと思います。

 

あの惨めなジャリっとくる感情は忘れられません。

 

自分で巻き起こしたくせにです。

 

もう見栄もウソも付かずに、生きる事を心に強く誓ってます。

 

とはいえ、泣きたい夜もあります。

 

それでいいんじゃないかなって今は思ってます。

 

だって僕は弱いから。

 

声を大にして、、僕は弱いと胸を張れます。

 

見栄を張るより、よっぽど健全です。

 

人生は辛い事が多い。

 

でも、それを受け入れる心が大事です。ありのまま。

 

悩んでも、上手くいかなくても、ウソで塗り固める方が惨めだ。

 

現状を受け入れられなければ、未来は変わりません。

 

僕が描いてるマリブは遥か遥か先の理想です。

 

だから今日1日を大切にして、出来る事を全てやる。

 

情熱だけは創業当時から燃え続けてます。

 

赤い炎ではなく、ジワジワと燃える青い炎であり続けたいです。

 

その場限りの見栄は自分を苦しめる。

 

でも、消えない想いは未来を創る。

 

だから今日を1日を全力で生きるまでです。

 

自分の人生にウソを付かず、ありのまま受け止め現状を変えていく。

 

僕は今30歳ちょうど。

 

10年後・20年後も見据えて今を生きる。

 

そこに見栄やウソやくだらないプライドは捨てていく。

 

弱い自分を受け入れる。

 

それでも夢や想いは伝え続ける。

 

水槽がもたらす可能性はまだまだある。

 

僕が出来るまだ見ぬ方へ提供できる事もある。

 

そんな想いで今日も仕事をしています。

 

今日の記事は僕の過去の情けない自分を公開して1歩進むために書かせていただきました。

 

よし!待ってろ!未来のマリブよ!!!!!!

 

 

まとめ

 

くだらない見栄やウソやプライドは惨めになるだけだ。

情けない自分を受け入れ、現状を変えていく事が大事。

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!