【おすすめ】水槽にいる魚はペット?観賞物?徹底解明!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

水槽内の生き物はペット?観賞物?

 

水槽レンタルは様々な目的で導入されてます。

 

癒しが目的であったり、インテリアの一部だったり、集客だったり、コミュニケーション促進だったり、生き物が好きだったりとたくさんあります。

 

その中で、水槽内の生き物は観賞物なのか?ペットなのか?が大きく分かれてあると思います。

 

結論を言うと導入される方の自由です。

 

とやかく言うつもりは一切ございません。

 

但し、こんな考え方もありますよ!という事をお伝えできたらなと思っております。

 

ウブカタ
あなたはもっと水槽・生き物の魅力に気付かれると思います!

水槽内の生き物は観賞物?

観賞物であることに間違いはありません

水槽レンタル導入の目的の1つとして、観賞して癒されたいという欲求があります。

 

水槽に求められる癒しとは、何でしょう。

 

●観賞することによる視覚的な癒し

●ヒーリング効果による心地よい水の音の癒し

●色鮮やかなマリンフィッシュ・美しいサンゴ・可愛いヤドカリ・エビ・ヒトデなどの生体に

対する愛情の癒し

 

細かく言えばまだまだあるんですが、癒し効果はこんな所でしょうか。

 

この中でも、ダントツ水槽導入をする理由は観賞目的ではないでしょうか。

 

見たいという欲求。ハァハァ

 

水槽内の生き物は当たり前ですが、物ではありません。

 

命ある尊い生き物です。

 

僕は、【生き物は観賞物じゃなんかじゃない!!】などとサラサラ思っておりません。

 

観賞物だろうが、なんだろうが人に喜ばれてる立派な役割を彼らは担ってます。

 

彼らを見た方々はどれだけ笑顔になるでしょう。

 

生きてれば辛い事は多いです。

 

華やかな彼らを見たその瞬間は嫌なことも忘れられるかもしれません。

 

人間への幸せを提供してくれる彼らは価値ある存在だと思うんです。

 

観賞物という呼び方もインテリア水槽という呼び方も所詮、誰かが作った言葉です。

 

あなたの好きな位置づけでいいんです。

 

"触る"から"観賞"する時代へシフトしている

犬・猫などのアニマルペットと人間の歴史は古く、共に生きてきた大切な動物です。

 

犬・猫・ウサギ・鳥などのペット産業は浮き沈みは多少はありますが、未来永劫需要がなくなる事はないと断言できます。

 

さて、生き物を観賞するという経験は皆さんありますか?

 

ありますよね?

 

そうです。動物園・水族館での体験です。

 

この発想を自宅や職場で再現できないか?と考えつかれたのが水槽のレンタルサービスです。

 

アクアリウムの歴史は古いのですが、我々、日本人に取り入れられてからまだ浅いのです。

 

僕が生まれたちょうど30年前付近から水槽のレンタルのサービスは開始しました。

 

★関連記事★

アクアリウムの歴史!知って得するアクアヒストリー

 

2000年以降は触る⇒観賞するという需要が爆発的に増えました。

 

それに伴い、アクアショップ・問屋・メーカー・水槽レンタル業などが盛んに増えました。

 

何故、ここまで爆発的にアクアリウム需要が増えたのでしょうか。

 

これは、宣伝などの効果もありますが、生き物を扱う価値観の変化が急速に変化したのだと思います。

 

もう1度言います。

 

触る⇒観賞に変化しています。

 

今もです。2018年現在も進行中です。

 

最近は若い女性からお問い合わせをいただくことが増えました。

 

水槽レンタルのご相談です。

 

水槽=男性のイメージをお持ちの方が多いと思います。

 

なんかオタクっぽいみたいな・・・。

 

だって1986年生まれの僕でも、学生時代は女子にキモイと言われた悲しい過去はあるのです。

 

何がキモイか問いただしてみたいですがね。アァン(怒)

 

そんな時代を経験している私の元へ、若い女性から自らの意思でお問い合わせをいただくんです。

 

これにはびっくらこきました。

 

素直にメチャメチャ嬉しいです!!!!

 

水槽を管理したいけど、重くて体力的にできないなど様々な背景があります。

 

つまり、時代が変わったんです。

 

ガラケーを使っていた時に、その数年後にスマートフォンが誕生すると予想できましたか?

 

自宅で仕事ができる時代になるなんて予想できましたか?

 

メルカリのようなサービスが誕生すると予想できましたか?

 

 

時代に伴い、アクアリウムも変わりました。

 

水槽レンタルの需要も増えました。

 

鳴かない・吠えない・手間がかからないこの3拍子は水槽レンタルの魅力です。

 

観賞でも触るでも同じ生き物であり、観賞物です。

 

犬・猫だって販売ブースでお気に入りを家族にしますよね。

 

始まりは、全て見るところから始まっているんです。

 

水槽の特徴!それは感情が動く事

上記では水槽の生き物は、観賞物でも何でもいいのではないかとお伝えしました。

 

しかし、観賞物にしては、あなたのある部分が反応します。

 

それが感情です。

 

感情が動く観賞物って生き物(水槽)以外にあるのか考えましたが今のところ見当たりません。

 

こんな言葉が聞こえてきます。

 

●ワァ~キレ~イ

●この魚プクプクしてカワイイ~

●ヤドカリ動くの早~い!ヒトデがまた移動してる!

●サンゴがユラユラして綺麗だね~

●あれ?この子元気ないなぁ。

●はい~エサの時間だよ~

 

全てが感情が動いています。

 

感情が動く観賞物が他にあるでしょうか。

 

自信をもって水槽は素晴らしいと言えます。

 

【まとめ】水槽内の生き物は観賞物なのか?に対するマリブの考え

 

●なんて呼んでもあなたの自由だし、決まりはありません。

 

●人間の感情が動く観賞物は水槽以外はありません。

水槽内の生き物はペット?

間違いなくあなたのペットです

ペットとは共に長い時間を過ごし、愛情を持ってお世話します。

 

これは家族なのではないでしょうか。

 

犬・猫は家族という表現はよく聞きます。

 

では、魚は?サンゴは?

 

あまり聞き慣れませんね。

 

しかし、犬・猫とは違う形での愛情表現になりますが、本質は同じです。

 

長い時間を共にし、毎日エサを与え、成長を喜び、死に悲しむ。

 

見方が違うだけで家族という位置付けは間違いではありません。

 

大前提として、水槽内の生き物はあなたを家族だと思ってますよ。

 

エサをくれる人の顔もちゃんと認識してるんですから。

 

アクアリウムの歴史!知って得するアクアヒストリー!も合わせてどうぞっ!

 

エサを与えるということは、死んでほしくないから

ちょっと過激に書きました。でも、そう思いませんか?

 

エサをあげることって愛情ではないですか?

 

ちなみに人に食事を奢るのも根底では愛ですよね?

 

嫌な奴にはお金は出さないし、食欲という欲求を共にしたくありませんよね。

 

いやいや、エサをあげるなんて当然だろ!とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、エサをあげるのが面倒であげない人も見てきました。

 

その度に悲しみと軽蔑と殺意が生まれますが。

 

マリブのお客様では全員エサをあげてくれてます。

 

エサをあげなきゃ死んじゃう⇒そんなの嫌だ・可哀想⇒死んでほしくないという構造ではないでしょうか。

 

そうです。愛です。

 

ワンちゃんにエサをあげますよね。

 

誕生日にはケーキを購入して祝う方もいます。

 

魚にケーキはあげれませんが、毎日エサをあげてもらうことが最大の愛情です。

 

最後まで愛情を持って可愛がってあげてください。

 

ちなみに数日エサをあげなくてもお魚さんは死なない構造になってます。

 

名前をつける方が9割!それって家族じゃないですか?

特に名前を命名される種類で圧倒的に多いのがフグ(笑)!

 

ミドリフグ

 

●フグ助

●フグ太郎

●フグ美

●プクちゃん

●フグ男

●ポンポン

●ボス

 

可愛らしいお名前をいただいて幸せに今日も過ごしています!

 

名前をつけるコツを教えます!一言です!

 

直感!

 

これに尽きるぜぃ。

 

案外、1発目に適当に出た名前がシックリくるもんなんですよね!

 

ちなみに僕がメンテ先で聞いた名前の中で衝撃過ぎて帰り道に運転に集中できなかった名前を発表します!

 

種類はコイツ!ヒフキアイゴ!

 

ヒフキアイゴ

 

男の子がこう名付けてくれました!

 

馬!

 

すっげ~発想です。。。大人には絶対出ない。。

 

素晴らしすぎる・・・

 

男の子ですが、彼は将来コピーライターとして活躍することを願ってます。

 

そもそも、魚ですよ?

 

それを哺乳類である馬と堂々と名付けるセンスに脱帽です。

 

ちなみにアイゴは海外ではフォックスフェイスという名前です。

 

語源は、キツネ顔だからです。

 

でも、彼が馬と名付けてくれてから僕も今では馬に見えてます。ヒヒーン。

 

いいね!楽しいね!

 

いいんだよ!いいんだよ!自由で!

 

馬(ヒフキアイゴ)も大喜びさ!

 

だから本当に直感で適当に付けてみてください!

 

名前を付けてあげると愛着も沸くし、みんなで可愛がれます!

 

物理的に長い時間を共にすると愛着が沸いてくる

水槽は動きません。

 

必然的にいつもの場所が定位置になります。

 

職場や自宅では物理的に顔を合わす機会が多くなります。

 

心理学的に単純接触効果と言ってよく見る・会う人には好感度が上がるそうです。

 

最近出てきたタレントの名前は【なんて名前だっけな~】って事ありません?

 

でも、キムタクの顔見れば、キムタクって即座に名前が出てきますよね。

 

これが、単純接触効果です。

 

子供の頃から頻繁にTVに出てるキムタクを忘れられません。

 

水槽も魚も同じように愛着が沸くようになります。

 

段々、可愛く見えてきちゃうもんなんですよ~。

 

1匹1匹の性格の違いがわかるようになります

面白いですよ、本当に。

 

例えば、上で出てきた馬(ヒフキアイゴ)。

 

彼は性格が温厚でエサ食いもよくて良い子ちゃんたちが多いのは事実です。

 

しかし、中には本当に馬かよ?という性格をもったヒフキアイゴもいるんです。

 

1匹として同じ個体の魚はいません。

 

ちなみに乱暴が激しい時はマリブ水槽で僕が、聖母。マリアも慌てる位の慈悲の心で

 

愛情を注いでますのでご安心を。

 

【まとめ】水槽内の生き物はペットなのか?に対するマリブの考え

ペットというより、家族!だと思う。

 

★関連記事★

【横浜】ペットをレンタルするなら”魚”が超絶オススメ!

まとめ

観賞物でもペットでもどちらでもいいと思います。

大事なのは、あなたが必要としているか?です。

そして、魚はあなたを必要としています。

 

ウブカタ
あなたの生活にアクアリウムを取り入れてみませんか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)