海なし県の山梨県がアワビ消費量日本一の理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

海なし県の山梨県がアワビ消費量日本一の理由!

 

一説によると、武田信玄が絡んでるそうなんです!

 

ウブカタ
それではアワビ好きなあなたへ贈ります!

海なし県の山梨県がアワビ消費量日本一の理由!

海なし県の山梨県がアワビ消費量日本一の理由は、甲府名物・煮貝(にがい)を原料に用いるからです。

 

アワビの煮貝

 

煮貝とはアワビをを生醤油で処理した保存食料品のことです。

 

なぜ海のない山梨県で、海産物のアワビの加工品が作られるようになったのでしょうか。

 

一説によると、戦国時代・甲斐の国(山梨県)の武将・武田信玄駿河国(するがのくに)で獲れるアワビが大変好物だったといわれています。

 

何とか甲斐の国へ持ち帰りたい・・・

 

しかし、生では無理なことを知り、塩漬けにして運んだといいます。

 

ところが予想に反して良い具合に塩がなじみ、非常に美味しかったそうです。

 

これが一部では武田信玄の戦時保存食という説もあります。

 

また他の説によれば、江戸時代の商人の発案ともいわれています。

 

海のない甲斐の国は当然、海産物は獲れません。

 

なかでも駿河産のアワビは珍味中の珍味。

 

甲斐の国でも食べたいと思いつつも生アワビを運ぶことは無理。

 

それで、醤油樽(しょうゆだる)に漬けて運んだのです。

 

ところが意外なことに、アワビが醤油になじみ味のよさに驚いたのが商人。

 

これはいける!と作ったのが『アワビの煮貝』の始まりだといわれています。

 

★アワビ関連記事★

【わかりやすい】アワビとトコブシの3つの違い!

天然アワビと放流アワビの見分け方!水槽でも飼育出来る!

まとめ

元をたどれば、武田信玄の情熱が始まりかもしれない!

 

ウブカタ
海なし県の山梨がアワビ消費量日本一の意外な理由でした!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)