この仕事をしている理由

この仕事をしている理由

マリブの企業理念は『地上に海を創る』

起業したての時に初めて作ったパンフレットの表紙です(雑ですね(笑))

 

懐かしい・・・涙が出る程飛び込み営業したな・・・

 

ここに地上に海を創る」という言葉があります。

 

マリブの企業理念は地上に海を創るです。

 

【地上に絶景の海をご提供し、お客様の生活レベルをさらに1ランク上げさせていただくお手伝い】

 

実は起業する前の修業時代に作った言葉です。

 

何故、こんな言葉をマリブの企業理念にしたのかをお話しさせていただきます。

 

水槽レンタルは2つのジャンルで構成されてます。

 

①淡水水槽グッピー・ネオンテトラ・金魚等・水草等

②海水水槽(ニモ(カクレクマノミ)・ドリー(ナンヨウハギ)・サンゴ等

 

この2つで構成されています。

 

そして、修業時代にいつも思っていたことがあります。

 

それは、海水水槽のクオリティのお粗末さです。

 

淡水水槽のクオリティは高いと素直に思います。

 

しかし、海水水槽になると、〖えっ・・・これで提供するの?〗

 

という現実がありました。

 

例えば、人工サンゴを入れたり、おもちゃを入れたり、プラスチックアイテムを入れたり・・・

 

難しいのはわかります。痛いほどわかります。

 

でも、いつまで逃げ続けるんでしょうか。

 

腕に自信のない業者さんはこういったアイテムに頼りがちになります。(覚えといてくださいね)

 

この僕の意見に賛否両論はあるかと思います。

 

別におもちゃいれても、人工のサンゴでもいいんじゃないの?と。

 

しかし、僕には耐えられる現実ではありませんでした。

 

〖そんなの海にはないじゃん!〗と思ってましたが、ただの従業員の声は届きません。

 

そして、いつしかこう思うようになりました。

 

日本には海水水槽をクオリティ高く提供してる会社はない・・・

 

・・・俺がやる!

 

こう思いました。本気でした。

 

つまり、海水専門の水槽レンタル会社にすることです。

 

別に目新しいサービス内容ではありません。

 

2つあるうちの1つを取っただけなのですから。

 

そして、いざ自分が会社を興した時に企業理念というか、筋みたいなものは今からイメージしておこう!と思いました。

 

そこが曖昧ならお客さんに響きっこない!と。

 

そして、考えた結果が「地上に海を創る」という理念でした。

 

理念と言うか・・・覚悟も含まれてます。

 

ピンと来ない方がほとんどなのは十分に承知です。

 

でも、お客様の水槽を立ち上げる時はいつもこの気持ちで臨んでます。

 

●絶対喜んでもらいたい!

●海の一部分を切り取った水景を見せて感動してもらいたい!

●自然の海にいる海域や色のバリエーションも考えて幸せになってもらいたい!(お客様は知らなくても)

 

今でも、本気でそう思っています。

 

ただ水槽を流れ作業で設置して、掃除するのではないんです。

 

地上に海を創る!と本気で思って仕事をしています。

 

この仕事は掃除屋ではありません。

 

人を幸せにする仕事なんです。

 

お客様の水槽に入る魚は前日に多めにエサをあげます。

 

そして、水槽に布を被せて暗くして落ち着かせます。

 

幸せにしてもらえよ。と思いながら。

 

「地上に海を創る」

 

これが原点で社会に浸透していく組織を目指しています。

 

海水水槽専門にした理由

ここでマリブがどれだけ覚悟があるかをお伝えします(笑)

 

繰り返しますが、水槽レンタル会社で提供している種類は2種類です。

 

●淡水水槽(グッピー・ネオンテトラ・金魚・・・)

●海水水槽(ニモ(カクレクマノミ)・ドリー(ナンヨウハギ)・・・

 

通常はこの2種類です。

 

実は儲けの大半は淡水水槽です。(日本の7割は淡水水槽ニーズ)

 

つまり、マリブからすると売り上げの大半を手放す覚悟が必要でした。

 

正直、何回も戻そうと思ったことはあります。結構本気で・・・

 

お問い合わせから淡水水槽の見積もり依頼が何度も来た時は迷いました。(海水専門と言ってもお客様は違いがわからないことなんてよくあることです)

 

●お客さんのニーズに応えるべきじゃないのか・・・

●水槽のプロなら淡水もやるべきだよな・・・

●売上が上がらなきゃ話にならないし、淡水もやろうかな・・・

 

めっちゃ迷いました!そりゃもう・・・迷いましたよ・・・

 

でも・・・やめました!

 

売り上げは欲しいです。本当に欲しいです。

 

でも・・・そしたらマリブの存在意義がありません。

 

海水水槽を専門にした理由は、クオリティの高い水槽を提供出来るから。

 

リーズナブルな金額でそれを求めるお客様に満足していただけるから。

 

海が好きな人にあのドキドキするような水景を提供出来るから。

 

だから1つに絞る。海水のみに力と情熱を注ぐ。

 

先々を見れば、きっと日の目を浴びるはず!

 

そうこう思考錯誤していると、少しづつお問い合わせが増えてきました。

 

その全てが[海水水槽について]

 

ようやく求めてくれてる方に伝わったと、実感できた瞬間でした。

 

何故、そこまでするのか?素人にはわからないんじゃないか?

 

僕はそんな愛のない考えはできません。

 

大好きな水槽の前で嘘なんてつけません。

 

手抜き水槽は詳しい詳しくないは関係なく、見た目の[違和感]に気付くはずです。

 

マリブは自然に敬意を払い、極力余計なものは入れない自然スタイルに成功しています。

 

これらの人工物を扱う業者の気持ちを公開します。

 

人工物を入れた方が遥かに楽でコストが掛かりません。

 

当然です。生き物ではないんですから。仕入れる必要もありません。

 

順繰りに中身を変えるだけの作業なら誰でもできます。

 

誰でもできる仕事ではないからプロではないのでしょうか?

 

マリブはプロとして、誇りと自信があります。

 

上記に挙げたおもちゃなどを入れた海水水槽をレンタルされるお客様は本当に求めてることなのでしょうか?

 

そういうキラキラした宝箱みたいな水槽をお求めならマリブではご満足いただけないでしょう。

 

でも、ほとんどの方はこんなお気持ちだと思います。

 

[なんかキレイなやつがいい]

 

言葉では上手く言えませんが、美しい水槽をお求めだと思います。(あなたもそうですよね?)

 

そこにおもちゃなどを求める方は少ないのではないでしょうか?

 

特に海水水槽のイメージと言えば、ニモやドリーでしょう。

 

彼らは、キャラクターのイメージが強いですが、海水魚です。

 

大自然の中で強く生きてる海水魚です。

 

数えきれないほどのレイアウトパターンを模索してきましたが、答えが出ました。

 

多くのお客様に喜ばれる・満足いただける水槽には方程式があるんです。

 

それが、引き算の美学です。

 

つまり、余計なものは入れないといシンプルな水槽です。

 

これが一番水槽が際立ちます。

 

間違いなく美しい姿です。海はそうですからね。

 

あれやこれや入れるとゴチャゴチャして醜くなってしまいます。

 

海水魚・サンゴで十分感動する水槽は出来あがります。

 

もちろん、マリブでも幼稚園などでは依頼があればキャラクターグッズを入れることもあります。

 

頑なに頑固な水槽屋ではありません。ニーズにはもちろん応えます。

 

商売人としてお客様のご要望は出来る限り、お応えしています。

 

しかし、水槽は引けば引く程にキレイになります。

 

ろ過システムなんかはまさにそうですよね?

 

話を戻しますが、海水水槽を専門にした理由は、クオリティの高い水槽を提供出来る自信があるからです。

 

海水水槽1つに絞り込むのは、勇気がいることでした。

 

しかし、絞り込んだことによりお客様の満足度が高くなり、結果的に事業が存続できてると思います。

 

今後も海水水槽をレンタルしたいと思った方にマリブが選ばれつづけていただくように日々、企業努力を重ね、お客様へ感動していただく水槽創りを胸に精進致します。

 

この仕事をしている理由

一言で伝えさせていただきます。

 

好きだからです。

 

難しい理由はありません。

 

つまり、海水水槽が好きなのです。

 

水槽が好きでなければこんな仕事はしません。

 

好きという気持ちがなければ、お客様は満足していただけません。

 

流れ作業でメンテナンスをするのと、よりよい水槽にする為を考えながらメンテナンスするのは天と地ほどの違いがあります。

 

水槽の出来栄えもわかりやすく水槽維持者の考えが出ますから。

 

僕がこの仕事をする理由の根っこは子供みたいに水槽が好きだからです。

 

この気持ち1つでマリブはどこまでも続けていける自信があります。

 

好きという気持ちがなければお客様を満足させることはできません。

 

結果として、お客様に[最上の生活]をご提供出来ると信じています。

 

マリブという社名について

ちょっとお伝えするのが恥ずかしいですが・・・(笑)

 

単純です。

 

マリン+ウカタ=マリブ

 

マリンとウブカタを合わせただけです。

 

どうしても、海とウブカタを合わせたかったんです。

 

海には言い方がたくさんありまして、marien(マリン)・sea(シ―)・ocean(オーシャン)とあります。

 

この中でシックリきたのがマリンです。

 

アメリカにマリブビーチという所がありますが、全く関係ございません。

 

開業してから知りました(笑)

 

大それた大義名分はございません。

 

マリンとウブカタを合わせてマリブです。

 

電話を出る時も噛みませんし、電話した時も、3文字なので相手側もすぐ覚えられます。

 

名前だけでも覚えて帰ってください(笑)

 

マリブは全身全霊で1件1件のお客様を大切にして水槽という価値をご提供し続けます。

 

お電話はコチラ

046-283-1855
【平日9:00~20:00】

 

※神奈川県内の法人様・個人様で海水水槽のメンテナンスサービスに関するご相談・お問い合わせ心よりお待ちしております。

※恐れ入りますが、飼育相談・短期レンタル・小売販売・サイト内の画像の貸出・販売はご対応しておりませんのでお問い合わせはお控えください。

※お電話に出れない場合がございます。メッセージを残していただければ折り返しさせていただきます。

 

メールでのご相談はコチラ