記事公開日:2020.4.23最終更新日:2020.9.4

北で獲れるサンマがうまい理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

なんで北で獲れるサンマは脂がのっていると言われているの?

 

【結論】北で獲れるサンマに脂がのってうまい理由は、プランクトンが大きく脂がタップリと含まれているからです。

 

ウブカタ
実は知らない大衆魚の謎に迫ります!意外とマリンアクアリウムの飼育と通じてますよーん

北で獲れるサンマがうまい理由

photo by  Toukou Sousui 淙穂鶫箜

 

かつてのサンマの常識

かつてサンマは、北の海から南下するにしたがい、脂がのってくるといわれていました。

 

しかし、サンマの脂の調査を続けていくと結果は逆でした。

 

北で獲れるサンマほど脂がのっていることがわかりました。

 

北のほうのサンマに脂がのっている理由は、プランクトンが大きく質がいいから

9月頃、北海道沖で獲れるサンマに含まれる脂が約20%
10月頃、三陸沖では約10%
11月頃、常磐沖では約8%
12月頃、銚子沖では約5%

 

ウブカタ
このように脂が落ちてくるという調査結果が報告されています。

 

これは何故か?

 

サンマが関東で食べるプランクトンは体長2~3mm

 

北の海では8~9mmと約3倍です。

 

さらに北の海では脂がタップリと含まれています。

 

このような理由から北の海で獲れるサンマは脂がのっていて美味しいといわれているのです。

 

★サンマ関連記事★

【保存版】サンマやイワシが養殖されない理由

光に集まる魚たち

まとめ

北で獲れるサンマに脂がのってうまい理由は、プランクトンが大きく脂がタップリと含まれているからです。

 

ウブカタ
なるほど!量も多くて質も良いから北の海で獲れるサンマは脂がのっていて美味しいわけなんです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!