記事公開日:2020.5.2最終更新日:2020.9.4

寿司が二つ出てくる理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

なんで寿司は2つなの?

 

【結論】店側が値段の計算をしやすくするため二つになった!

 

ウブカタ
知らなかった!この基本を知りましょう!

寿司が二つ出てくる理由

握り寿司が二つ出てくる理由は、値段の計算がしやすいから

お寿司は2つ出てきます。(特に回転寿司)

 

このような二つ出てくるようになったのは戦後のことです。

 

理由は、店側が値段の計算をしやすいから。

 

寿司屋では板前さんが暗算で料金を計算します。

 

大人1人が食べる寿司の平均は10個くらい。

 

それぞれ値段が違うものを十数回足し算するよりも、二つづつ出して5~6回計算したほうが楽でミスもなくなります。

 

そのため、寿司は2つ出てくるようになったのです。

 

★寿司関連記事★

ワサビが利きにくい寿司ネタの特徴

【名前の由来】寿司屋で”サーモン”と呼ぶ理由!

トロに脂がのっている理由

【寿司ネタ】甘エビは年齢で性別が性転換しちゃう!

まとめ

寿司が二つなのは、店側が値段の計算をしやすくするため!

 

ウブカタ
寿司を食べる時は、この記事を思い出してくださいませ(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!