サンゴ(珊瑚)の名前の由来!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

サンゴ(珊瑚)という名前の由来をご存知ですか?

 

え?知らない?だったら見てって~!

 

アクアリストとして頭に入れときましょう!

 

ウブカタ
サンゴの名前の由来をお教えします!

 

 

サンゴ(珊瑚)という名前の由来

コエダナガレハナサンゴ

珊瑚という名前の由来

【珊】という字には『海に棲む虫の骨格がたくさん集まってできた玉という意味があります。

【瑚】という字には『祭祀のとき、つまり、神様や祖先を祭るときに、穀物を盛る器』という意味があります。

 

このふたつの言葉を合わせて【珊瑚『】という名前になりました。

 

何故、珊瑚と名付けられたかは明確な理由はわかっていません。

 

3月5日は珊瑚の日

1996年に、財団法人世界自然保護基金ジャパンが制定しました。

月日の語呂合わせから名付けられました。

 

日本で珊瑚が発見されたのは江戸時代

江戸時代末期になってから珊瑚は発見されました。

それ以前はヨーロッパから移入されたものを加工していました。

明治末期には、日本の沿岸に大量の珊瑚が分布していることがわかりました。

主に装飾用として使用されてました。

 

サンゴギャラリー ↓ ↓ ↓

●ソフトコーラル

●ハードコーラル

 

サンゴ関連の記事はコチラ ↓ ↓ ↓

●サンゴの種類を覚えよう

●初心者必読!サンゴの基本情報はこの5つで十分!

●サンゴにストレスを与えてる7つの行動
 

まとめ

サンゴ(珊瑚)という名前自体は宝物や神聖な意味合いがある為、希少価値がある産物として大事にされている!

 

ウブカタ
意味がしっかりあったんですね!こういうのを知るとサンゴがもっと好きになりませんか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!