記事公開日:2020.4.3最終更新日:2020.4.3

サケの子供を春に川から放流する理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

サケの子供を春に川から放流する理由

 

【結論】そのまま放流すると他の生物に捕食されてしまうから、ある程度人間が育てて放流したほうが生存率が上がるから!

 

ウブカタ
知ってるようで知らない話をご案内しますよ!

 

サケの子供を春に川から放流する理由

サケ

ある程度、育ててから放流したほうが生存率が上がる!

サケは、春に川で卵からかえって、体長 が5~7cmになるまで育ってから、川をくだ下り海に出ます。

 

北の海で、3~5年間、アミや、他の魚などを食べて、卵が産めるまで育ったら、生まれた川を探して、卵を産みに帰ってきます。

 

詳しくは、【そうなんだ!】サケが生まれた川に戻ってこれる理由!をどうぞ。

 

日本の川は、サケが卵を産むのに都合の良い川底少ないです。

 

また、卵や、卵 からかえった子魚は、昆虫や他の魚 などの餌になるので、海に下るまで大きくなれるサケの数は、非常に少なくなります。

 

そのため、いちばん弱くて、生き残る割合が少ない時期に、人間が手を加えているのです。

 

少しでも、大きなサケになって帰ってくる数が増えるように、サケの子どもを人の手で育ててから、春に川に放流 するのです。

 

自然の中でのサケの育ち方

川底に産みつけられたサケの卵は、およそ60日くらいで孵ります。

 

まだ自分で獲物を獲得できないため、石の下などに隠れお腹の卵黄で育っていきます。

 

約50日後に3.5cmくらいまで育った子魚は、ミジンコ・ユスリカの幼虫・水生昆虫などの餌を食べて育ちます。

 

そして、海に下る時期がきたら一斉に川を下ります。

 

★サケ関連記事★

【納得!】サケの身がピンク色の理由!

【漁獲量】日本で鮭(サケ)が多く獲れる理由!

【名前の由来】寿司屋で”サーモン”と呼ぶ理由!

【オスの産卵期の勲章】鮭(サケ)の鼻先が曲がってる理由!

まとめ

サケの子供を春に川から放流する理由・・・そのまま放流すると他の生物に捕食されてしまうから、ある程度人間が育てて放流したほうが生存率が上がるから!

 

ウブカタ
これでサケの基本がわかりましたね!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!