記事公開日:2020.3.4最終更新日:2020.8.30

【生態図鑑】2018年新種・ピグミーシードラゴン!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

2018年に新種として和名がついたハチジョウタツ(ピグミーシーホース)生態情報!

 

ウブカタ
タツノオトシゴ好きならば見て損はない記事です!画像はごめんなさい、検索で見てください。

【生態図鑑】ピグミーシードラゴン

名前 ピグミーシーホース
和名 ハチジョウタツ
学名 Hippocampus japapigu
分類 ヨウジウオ亜目-ヨウジウオ科-タツノオトシゴ亜科-タツノオトシゴ属
生息 沖縄・四国・南紀・伊豆・伊豆諸島
大きさ 5mm~2㎝
食性 カイアシ類やその他の小さな甲殻類などのプランクトン

 

2018年に新種として和名も付いた

「ジャパニーズピグミーシーホース」と名付けられていた通称・ジャパピグとしてダイバーに愛されていたタツノオトシゴです。

 

生態

ピグミーシーホースは、通常のタツノオトシゴより小さいです。

 

さらに、背中の上部に鰓孔(さいこう)が1つしかない点もタツノオトシゴとの違いです。

 

大型のタツノオトシゴでは首のあたりの両側に2つ鰓孔(さいこう)があります。

 

細かい生態はまだ不明のままです。

 

ただ、非常に小さいので見つけづらいので、個体数は減らないと科学者は言っています。

 

生息地

ジャパピグの生息地は、タツノオトシゴの生息地としては少し変わっています。

 

ジャパピグが生息する海域は、冬にはかなり低温になり、夏は高温になります。

ほかのタツノオトシゴで、これほどまでに大きな水温変化に耐えられる種はあまりいません。

 

※タツノオトシゴを飼育したことがある方なら100%共感しますよね・・・)

 

販売

爪くらいの大きさですし、販売はされないと思います。

 

まず飼育が難しすぎてできないでしょう。

 

餌付けや水質など考えるだけでハードルが高いです・・・(笑)

 

★関連記事★

【実は産んでない】なぜタツノオトシゴのオスは出産するの?

【タツノオトシゴ】世界一遅い魚!1時間泳いで150㎝しか進まない・・・

【完全解説】タツノオトシゴは漢字でなんで海馬なの?

まとめ

2018年に新種として和名がついたハチジョウタツ(ピグミーシーホース)

 

ウブカタ
タツノオトシゴって不思議でかっこいいのだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!