記事公開日:2018.1.15最終更新日:2019.11.17

【かわいい!】海底人のモデル!?それがセンジュナマコだ!!!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

海底人(かいていじん)って聞いたことがありますか?

 

昔話や映画などでは、海の中に暮らしていて僕たちと同じような姿をした生き物が登場することがあります。

 

この海底人はいるのか???

 

ということです。

 

実はそのモデルともなった生き物がいるんです!!

 

その名も・・・センジュナマコ

 

ウブカタ
この生き物をご案内します!!

海底人のモデルと言われるセンジュナマコ

センジュナマコ

 

深海を歩く不思議な生き物・・・〖センジュナマコ〗

水深5000mの海底をトコトコと歩いてるセンジュナマコ。

 

白くて半透明で長細い体には、4本の柔らかい角と10本の柔らかい足がついています。

 

彼らは、深海の底をゆっくりゆっくりと歩いています。

 

センジュは[千手]。

 

つまり、たくさんの手足という意味です。

 

この動物が海底人のモデルになったのではないかと言われています。

 

メディアに出てくる姿形と全然違いますが(笑)

 

何を食べてるの?

光の届かない深海の海底で何をセンジュナマコは食べてるのでしょうか。

 

彼らは、海底の泥にくっついているプランクトンの欠片を食べてるようです。

 

歩く理由は、エサを探し歩いているいうことが有力候補です。

 

生き物が生きるには動かないと生きていけませんからね。

 

このプランクトンはマリンスノーの欠片と言われています。

 

★関連記事★

海に降る雪!マリンスノーが神秘的すぎる!

 

海の豚とも言われている

 

豚のような見た目であるため、海の豚とも言われています(笑)

 

英語圏ではsea pig とも言われています。

 

手のひらサイズで水風船のような感触みたいです。

 

深海生物ではそこそこメジャーな生き物

 

ぬいぐるみまで販売されています!

 

最大の特徴は”歩くこと”!動画でどうぞ!

 

歩いてる・・・歩いてるー!!!

 

★海底関連記事★

【世界初の海底生活】海底村プロジェクト

海底を歩く海水魚!えっ泳ぐんじゃなくて歩くの???

海底に咲く美しい”生きた化石”

海底洞窟にいる生きている化石”アマガイモドキ”3億年前から姿形は変えてない!

海底温泉が実在する驚きの理由

海底に眠る古代都市!ワクワクが止まらない!

まとめ

海底人のモデルとなったのはセンジュナマコ!?

 

ウブカタ
信じるか信じないかはあなた次第ではありますが、信じた方が楽しいですよ(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)