記事公開日:2020.4.10最終更新日:2020.9.4

トロに脂がのっている理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

トロに脂がのって美味しい理由!

 

【結論】マグロが何かに衝突した際に脂肪の弾力で内臓を守るため

 

ウブカタ
意外と知らないトロの知識をお送りします!

トロに脂がのって美味しい理由

トロとは?

マグロのトロといえば寿司や刺身でよく聞く部位ですね。

 

例えば、1尾200kgのマグロからでもトロは十数g・大トロは数kgしかとれない高級品です。

 

トロの部分は内臓を取り囲むようにしてついている腹側の身です。

 

中トロ・・・内臓の両脇あたりの身

大トロ・・・内臓の下側から両脇にある身

 

★関連記事★

『トロ』はマグロのどの部分?

 

トロに脂がのるのは、マグロが何かに衝突した際に脂肪の弾力で内臓を守るため!

トロの部分に脂がよくのっているのは、最大時速160キロで泳ぐマグロがなにかに衝突した際に、脂肪の弾力で内臓を守るためです。

 

★マグロ関連記事★

【分類】カジキマグロという魚は存在しない!

【冤罪・・・】江戸時代にマグロは商品価値がなかった!

【語源】マグロという名前の由来!

【性別判断】マグロのオス・メスの見分け方!

まとめ

マグロが何かに衝突した際に脂肪の弾力で内臓を守るため

 

ウブカタ
なるほど。マグロが何かに衝突したらお互いに洒落にならないダメージになりますもんね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!