【美味しいのか?】ヒトデは食用として食べられるの?

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

ヒトデは食べられるの?

 

なんか・・・食べられそうな感じはしますよね?

 

【結論】食べられるけど、食べるには適しません!

 

ウブカタ
それでは、何故適さないのかをご案内します。

ヒトデは食べられるの?

マヒトデ(カッコイイ~!!!!)

相当、マニアックで食べる人はほぼいない!食用に適さない

ヒトデの生殖巣を古くは淡路島でマヒトデを、パラオ諸島でカスリモミジガイを食べていたとの報告があります。

 

最近では、北海道でマヒトデを焼いて、九州・天草でマヒトデやモミジガイを茹でて生殖巣を食用にしているという報告もあります。

 

しかし、ごく少量の生殖巣を嗜好的(しこうてき)に食べる程度だそうです。

 

ちなみに、東京湾で異常発生したマヒトデを「塩辛」にして食べるよう試みたが、失敗しています。

 

どんな味がする?

渋くて食べられるものではないという声が続出しています。

 

これは体内のヒトデサポニンが原因です。

 

このヒトデサポニンには、ウサギの血球を溶血(ようけつ)させ猫に嘔吐させる作用があることが確かめられています。

 

特に卵巣には多く含まれるので食べると危険です。

 

まり、食用には適さないのです。

 

ウブカタ
が吐くくらいならヒトも相当きついでしょう。

 

飼料・肥料でも適さない

ヒトデは肥料や飼料に使われたことがあります。

 

化学肥料が普及する前には日本各地の漁村で人手ヒトデが有機肥料として用いられていたようです。

 

東京湾でマヒトデが異常発生した際に駆除したヒトデを肥料として利用することが試みられ、北海道沿岸では養殖ホタテガイを食害するマヒトデやニッポンヒトデなどを駆除して牧場に埋めて、牧草の肥料にしたことがあります。

 

いずれの場合にもヒトデ類は窒素含有量(ちっそがんゆうりょう)が少ないうえ、ヒトデの体内に含まれる”ヒトデサポニン”が土壌細菌の生育を抑え、作物の生長を妨げる作用があることから実際にはあまり効果はなかったようです。

 

養鶏用の飼料としても雛(ひな)の成長が阻害されるなど効果はなく普及しませんでした。

 

★ヒトデ関連記事★

ヒトデおすすめランキング!海水水槽の隠れた人気者!

ヒトデの寿命!へぇ~!

最強のドM!ヒトデが自ら腕を切る理由!そして再生もする!

サンゴの天敵!オニヒトデの生態!

ヒトデしか食べないエビ!【フリソデエビ】は飼育もできる大人気シュリンプ!

体半分を分裂して増えるヒトデ

砂や泥を食べるヒトデ

【捕食・エサ】ヒトデはなにを食べてるの?

ずっとヤギ類にしがみついて生きるヒトデ

メスだけで子供をつくるヒトデ

ヒトデの増え方

まとめ

つまり!食べる材料としてヒトデは適しません。

ヒトデは鑑賞用では抜群の効果を発揮しますが。

 

ウブカタ
ちょっと食べてみたい気もするが・・・(笑)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)