記事公開日:2022.6.26

【すべてがわかる】水槽水中ポンプおすすめBEST3!選び方や使い方も解説!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

アクアリウムで使う水中ポンプはどれを選んだらいいんだろう・・・
 
 
商品が多すぎてわからない・・・
 
 
こんなお悩みありませんか?
 
 
ご安心ください!プロがおすすめする水中ポンプ3シリーズをご案内します!
 
 

 

1.(カミハタ )Rio+(リオプラス) シリーズ

2.(エーハイム)水陸両用ポンプ

3.(カミハタ)ネワマキシ

 

 
上記がおすすめ水中ポンプ3シリーズです!
 
 
さらに、選び方や使い方などをわかりやすくご案内しますので是非、最後までご覧ください!
 

 

ご案内する水中ポンプ3シリーズはもちろん淡水・海水両用です!

水中ポンプ基本情報

水中ポンプとは?

左:Rio+3100 右:Rio+200

水の中にポンプを入れて電源を押すと、簡単に排水や水の汲み取りができる装置のことです。

主に工事現場でも使用してますし、アクアリウムシーンでも活躍してますね。

水を汲み上げるアイテムとだけ覚えていれば問題ありません。

水中ポンプの使い道

オーバーフロー水槽の揚水(ようすい)

揚水(ようすい)とは、水を高所に上げることという意味です。

簡単に言うと、水を上に上げるということ。

サンプ(濾過槽)に水中ポンプを入れて濾過された水を水槽内へ送りこむために水中ポンプを使用します。

主に海水水槽や淡水大型魚の水槽システムで使用します。

水中ポンプとは別にマグネットポンプを使用することもあります。

感覚的には、120㎝以上の水槽ではマグネットポンプを使用することが多く、120㎝以下は水中ポンプを使用することが多いです。

注意点は最大揚程(cm)をしっかり計算しとかないとパワー不足で水が上がらないというトラブルが起こることです。

下の選び方②揚程力(ようていりょく)で詳しくご案内します。

 

水換え

これは水槽メンテナンス業者ならほぼ使用してるんじゃないかと思います。

ポリタンクに水中ポンプを入れて新しい水を水槽内に入れる作業です。

給水にも排水にもなります。

個人さんでも多くの方が使ってますよね。

 

重い水をバケツに入れて入れるのは重労働です。

水中ポンプにホースを繋げば楽々です。

腰も痛めませんし、疲れないのでおすすめです。

注意点は最大揚程(cm)をしっかり計算しとかないとパワー不足で水が上がらないというトラブルが起こることです。

下の選び方②揚程力(ようていりょく)で詳しくご案内します。

 

水流ポンプとして活用

水槽内に設置して水流ポンプとして使用することもできます。

個人的な感想で申し訳ないのですが、これはやめたほうが良いと思います。

理由は、ダサいからです。。

なんとも言えない田舎臭さになって水景が台無しになります。

1990年代はこういう水中ポンプを水槽内に設置して水流代わりにしてた時代はありました。

僕が高校生だった2005年くらいにもまぁまぁありましたが、今は・・・令和です。

時代が変わりました(笑)

気分を害されたなら申し訳ないです。

でも・・水槽とは思考の現れなんです(笑)

どうしても自分の頭の中の価値観が出てしまうんです。

ご自由にどうぞ。

今の水流ポンプがいいならネワウェーブをおすすめします。

 

 

★関連記事★

【おすすめ掲載!】海水魚・サンゴ飼育の最強水流テクニック!初心者必見!

 

ライブロックのキュアリングとして

これは超おすすめです。

僕は必ず水中ポンプを入れて水の流れを作ってキュアリングします。

グルグルと水流が回ることによってキュアリング効果が増します。

※Rio+200を使用しています。

 

 

 

これで綺麗サッパリにライブロックが綺麗になります!

 

ちなみに使用しているエアーポンプは僕が絶大の信頼を寄せている水作のSSPP 7Sです。

 

詳しくは、【プロが選ぶ】水槽エアーポンプおすすめ12選!静かで高性能!をどうぞ。

 

ライブロックのキュアリングや下の人工海水を溶かす役割なら、カミハタのRio+ 200~がおすすめです。

 



 

★関連記事★

【完全版】ライブロックのキュアリングの方法!

 

人工海水を溶かす役割として

あなたがプロでなければ必要ではないでしょう。

我々は当たり前のようにやってますが、水量が多いのであればやったほうが良いと思います。

 

※Rio+200を使用しています。

 

人工海水を溶かす役割や上のライブロックのキュアリングなら、カミハタのRio+ 200~がおすすめです。

 



 

★関連記事★

【プロ厳選】おすすめ人工海水BEST7!お役立ち情報満載!

【プロが教える】人工海水の作り方!

プロが教える!人工海水と天然海水の違い!

 

水中ポンプの3つの選び方

選び方①流量(りゅうりょう)

流量とは水の循環する量です。

流出量と記載されることが多いですが、流量で長年やってきましたものですからご勘弁ください。(流量でも検索ヒットしますからご安心を)

アクアリウムでは1分単位で計算します。

 

商品の裏面にはこのように詳細が記載されています。

 

Rio+200

 

この水中ポンプをなにに使うかで流量の考え方が変わるのですが、オーバーフロー水槽で考えてみますね。

例)

水槽サイズ:60㎝×45㎝×45㎝=水量121ℓ

濾過槽:45㎝×30㎝×30㎝=40ℓ

水槽サイズ+濾過槽=全水量が161ℓ

カミハタRio+1100で計算してみますね。

 

カミハタRioシリーズ

MODEL サイズ
(mm)
最大流出量
(L/m)
50Hz/60Hz
最大揚程(cm)
50Hz/60Hz
消費電力
(W)
50Hz/60Hz外径
<流出口>
(mm)
Rio+ 50 57×37×46 2.6/3.4 40/58 2.0/3.6 13
Rio+ 90 57×37×46 2.8/3.6 38/55 1.0/2.0 13
Rio+ 180 57×37×46 3.6/4.4 52/76 1.5/3.1 13
Rio+ 200 62×44×60 4.0/6.0 35/50 1.5/3.9 13
Rio+ 400 62×44×60 5.6/6.8 50/70 2.0/4.7 13
Rio+ 600 62×44×60 6.8/10.0 75/110 3.6/7.0 13
Rio+ 800 62×44×60 8.0/11.2 92/130 4.8/9.1 13
Rio+ 1100 110×65×83 22.0/26.0 165/200 18.0/23.5 19
Rio+ 1400 110×65×83 24.0/28.0 175/215 19.5/26.0 19
Rio+ 1700 129×70×95 28.0/34.0 175/230 23.0/32.0 19
Rio+ 2100 129×70×95 32.0/38.0 215/250 32.0/38.5 19
Rio+ 2500 129×70×95 34.0/40.0 225/275 32.5/42.0 19
Rio+ 3100 143×80×109 48.0/52.0 270/260 56.0/64.0 22

 

東日本地域で計算しますと、最大流出量(L/m)が22.0です。

 

22.0(1分間)×60(60分間)=1320(1時間の最大流出量)

 

この1320(1時間の最大流出量)÷あなたの水槽全容量161ℓ=回転数です。

 

1320÷161ℓ=8回転

 

と、計算できるようになります。

 

最大揚程(cm)もクリアされてるし、回転数も含めて悪くないチョイスかと笑

 

アクアリウムでは大きめの機材を購入したほうがなんだかんだで買い足しが減るので経済的です。

 

詳しくは、海水魚・サンゴ水槽のポンプの回転数の計算方法をどうぞ。

 

要は、1時間の最大流出量÷あなたの水槽水量=回転数

 

ということだけ覚えといてください!(スクショ推奨笑)

 

選び方②揚程力(ようていりょく)

揚程力(ようていりょく)とは水を上げる高さのことを言います。

 

つまり、「これくらい水が上に上がります!」ということ。

 

例)カミハタRio200

最大揚程(㎝)というこころを見てください。

MODEL サイズ
(mm)
最大流出量
(L/m)
50Hz/60Hz
最大揚程(cm)
50Hz/60Hz
消費電力
(W)
50Hz/60Hz外径
<流出口>
(mm)
Rio+ 50 57×37×46 2.6/3.4 40/58 2.0/3.6 13
Rio+ 90 57×37×46 2.8/3.6 38/55 1.0/2.0 13
Rio+ 180 57×37×46 3.6/4.4 52/76 1.5/3.1 13
Rio+ 200 62×44×60 4.0/6.0 35/50 1.5/3.9 13
Rio+ 400 62×44×60 5.6/6.8 50/70 2.0/4.7 13
Rio+ 600 62×44×60 6.8/10.0 75/110 3.6/7.0 13
Rio+ 800 62×44×60 8.0/11.2 92/130 4.8/9.1 13
Rio+ 1100 110×65×83 22.0/26.0 165/200 18.0/23.5 19
Rio+ 1400 110×65×83 24.0/28.0 175/215 19.5/26.0 19
Rio+ 1700 129×70×95 28.0/34.0 175/230 23.0/32.0 19
Rio+ 2100 129×70×95 32.0/38.0 215/250 32.0/38.5 19
Rio+ 2500 129×70×95 34.0/40.0 225/275 32.5/42.0 19
Rio+ 3100 143×80×109 48.0/52.0 270/260 56.0/64.0 22

 

大体、どこのメーカーも最大揚程(㎝)と記載しています。

35/50と記載されてますね?

 

※50Hz(東日本)・60Hz(西日本)

 

50Hz(東日本)35㎝水が上がります!
60Hz(西日本)50㎝水が上がります!

 

という意味です。

 

・あなたが50Hz(東日本)地域にお住まいなら35㎝水が上がりますという計算です。

・あなたが60Hz(西日本)地域にお住まいなら60㎝水が上がりますという計算です。

 

つまり、あなたが50Hz(東日本)地域にお住まいでしたら35㎝水が上がります。しかし、大体の水槽台の高さが70㎝なので容量不足ということがわかります。

 

単純に届かないということですので選んではいけません。(オーバーフロー水槽と水換え)

 

さらにこれはクーラーや配管などを計算していないシンプルな計算ですので実際はパワーは弱くなります。

いつも言ってますがアクアリウム用品は2回り以上大きいものを購入すれば長期的に見るとお買い得で飼育も楽になります。

 

選び方③本体のサイズ

これは、オーバーフロー水槽で水中ポンプを使用する場合は重要です。

サンプ(濾過槽)のサイズ内に納めなくてはいけません。

大体が2分割が多いのではないかと思います。

二層式と言うのですが、こんな感じです。

 

 

ちゃんとサンプの大きさを計算しといてくださいね。(指でさしてるとこが水中ポンプを入れるところです)

 

 

これ意外とミスりますよ(笑)

 

※番外編 音の静かさはそこまで気にしなくてOK

感覚的には、どこのメーカーも変わんないです。

水中ポンプの音がうるさい原因はモーターの故障置き場所による振動です。

モーターがうるさい場合は、メンテナンスして掃除します。

それでも改善が見られなければ故障なので交換するかです。

置き場所は付属のゴムをそのまま取っておいてかませる役割として使用すれば良いでしょう。

 

水中ポンプにホースを簡単に入れる方法

熱湯の中にホースを入れてみて!

入らない・・・
よくあるトラブルとして水中ポンプにホースが狭くて入らない・・・というお悩みです。
 
大きすぎるホース口径は水漏れしたら困るしなぁ・・・というアクアリストなら全員通る道ですね。
 
そんなときは熱湯の中にホースを入れてみてください。
 
嘘のようにグニャグニャになって入れることが簡単になります。
 
昔からあるやり方ですが、今でもよく使われる手法です。
 
 

水中ポンプにホースを入れる方法を写真で解説

 
サンプル例として、(カミハタ)Rio+3100を使用します。
 
①熱湯をプラケースやバケツなどに入れてください。
 
 
②その中にホースを入れるだけです。30秒もすれば十分です。
 
 
③グニャグニャになりました!
 
 
④グニャグニャになったホースを入れてください。
 
 
⑤アラ不思議!簡単に入るようになりました!
 
 
あとは、用途に合わせて結束バンドやホースバンドでしっかり固定して終了です。
 
お疲れさまでした!

 

おすすめ水中ポンプメーカーBEST3

水中ポンプの基本知識や用途がわかったところでおすすめの水中ポンプ3シリーズをご案内します!

 

1.(カミハタ )Rio+(リオプラス) シリーズ

2.(エーハイム)水陸両用ポンプ

3.(カミハタ)ネワマキシ

 

1つづつご案内していきます!

1.(カミハタ )Rio+(リオプラス) シリーズ

カミハタ Rio+(リオプラス)基本情報

・ホース接続など水の取り扱いに優れた水中ポンプです。

・エアーレーションにより酸素を供給。エアーチューブを付けるとエアーレーションができ、酸素の供給も簡単。

・小型機種は水深が深いとエアーレーションはできません。

・流量調節付流出アダプターにより流量を調節できます。流量を極端に抑えると部品の短寿命や製品の故障につながりますので注意が必要です。

・静かな運転音、しかもパワフルで使い方いろいろ。高性能でコンパクト設計。耐久性に優れ、安心・安全設計。

・流量を調節することができます。

・静かな運転音をしています。

・付属のキスゴムで壁面に取り付けることも可能です。

 

製品仕様表

MODEL サイズ
(mm)
最大流出量
(L/m)
50Hz/60Hz
最大揚程(cm)
50Hz/60Hz
消費電力
(W)
50Hz/60Hz外径
<流出口>
(mm)
Rio+ 50 57×37×46 2.6/3.4 40/58 2.0/3.6 13
Rio+ 90 57×37×46 2.8/3.6 38/55 1.0/2.0 13
Rio+ 180 57×37×46 3.6/4.4 52/76 1.5/3.1 13
Rio+ 200 62×44×60 4.0/6.0 35/50 1.5/3.9 13
Rio+ 400 62×44×60 5.6/6.8 50/70 2.0/4.7 13
Rio+ 600 62×44×60 6.8/10.0 75/110 3.6/7.0 13
Rio+ 800 62×44×60 8.0/11.2 92/130 4.8/9.1 13
Rio+ 1100 110×65×83 22.0/26.0 165/200 18.0/23.5 19
Rio+ 1400 110×65×83 24.0/28.0 175/215 19.5/26.0 19
Rio+ 1700 129×70×95 28.0/34.0 175/230 23.0/32.0 19
Rio+ 2100 129×70×95 32.0/38.0 215/250 32.0/38.5 19
Rio+ 2500 129×70×95 34.0/40.0 225/275 32.5/42.0 19
Rio+ 3100 143×80×109 48.0/52.0 270/260 56.0/64.0 22

 

たくさんのラインナップで嬉しいですね!

 

おすすめの理由

 

 ・商品が多い

・水中ポンプと言えば、カミハタのRioシリーズと言われるくらい昔から販売されてる老舗の水中ポンプ

・壊れにくい

・音が静か

 
この4点に集約されるかなと。つまり・・・1番おすすめです!
 
 
オーバーフロー用のポンプOK・水換えOK・ライブロックのキュアリングOKなどなど様々なシーンで活躍してくれます。
 
昔から使用してるので信頼があるのと、単純に好きですね。
 
水中ポンプどれにしようかな~と迷ったらカミハタのRioシリーズがおすすめです。
 
ラインナップが多いので見つかるはずです。

 



















































 

 

 

2.(エーハイム)水陸両用ポンプ

エーハイム 水陸両用ポンプ 基本情報

・堅牢なつくりに定評があるエーハイムの水陸両用ポンプです。

・オーバーフロー水槽のくみ上げポンプや池などにもご使用になれます。

・セラミックシャフト採用により静かな運転音です。

・オーバーフローの揚水やクーラー使用の際の循環などに使える、水陸両用のポンプです。

・コンパクトでもパワフルに稼動し、様々な用法に適応するので、アクアリウムの多様なシーンをより機能的にアシストします。

・コンパクトで美しいデザインです。

・取り扱いや掃除が簡単です。

・こちらのポンプは下記の水槽用クーラーに使用できます。

 

おすすめの理由

水陸両用が最大の特徴のポンプです。
 
陸上ポンプとしてクーラーや外部フィルターなどと繋ぐことが可能です。
 
水中ポンプとしては、オーバーフロー水槽の揚水や水換えなどで大活躍です。
 
感覚として、パワーが強い印象があります。
 
しっかりメンテナンスをしながら長く使っていきましょう。
 
安心のエーハイム製です。

 



















 

 

3.(カミハタ)ネワマキシ

ネワマキシ 基本情報

・イタリア NEWA社が開発した水中ポンプです。

・抜群の耐久性と高い信頼性を世界レベルで持ち、多くのアクアリストやプロショップに愛され続けています。

・吐出方向を360°回転させることができます。

・固定ホルダーはポンプ背面と両側面に取り付けられます。

・ストレーナー付きです。

 

製品仕様表

機種名 MJ500 MJ750 MJ1000
周波数 50Hz 60Hz 50Hz 60Hz 50Hz 60Hz
定格電圧 AC100V
消費電力 7W 7W 9W 8W 16W 18W
最大流量 500l/h 600l/h 650l/h 800l/h 980l/h 1000l/h
最大揚程 0.9m 1.35m 1.55m 1.15m 1.45m 1.7m
外径(吸入) 16.5mm 16.5mm 18.9mm
外径(吐出) 12.6mm 12.6mm 12.6mm
本体サイズ 約 幅50×奥行83×高さ68 mm(吐出口 含まず)
コード長 約1.7m
付属品 ストレーナー、固定ホルダー、キスゴム×3
材質 ABS等
原産国 イタリア

本製品は周波数(Hz)別に製造されています。 ご購入の際は周波数(Hz)をご確認ください。

 

おすすめの理由

吐出口(としゅつこう)の向きが360℃変更することができます。
 
ホースのねじれ防止になるのでストレスは軽減できます。
 
あと、ネワウェーブ2という水流ポンプが大好きでおすすめですのでネワマキシも好きになった経緯があります(笑)
 
こちらの【おすすめ掲載!】海水魚・サンゴ飼育の最強水流テクニック!初心者必見!に存分に実際の写真を掲載してますのでどうぞ!
 
ネワシリーズはイケメンが多いからテンションがあがります(笑)

 











 

 

★関連記事★

海水魚・サンゴ水槽のポンプの回転数の計算方法

【プロが教える】水量別おすすめ水槽クーラー!選び方や種類など完全網羅の保存版!

【プロ解説】海水水槽おすすめ殺菌灯BEST3!効果・必要性・選び方などを説明!

 

※マリブでは水槽おすすめ商品を皆様にわかりやすくご案内しています!

★おすすめ商品★

おすすめ商品カテゴリークリックすると一覧が出てきます)

水槽掃除グッズ水質測定試薬全種類クーラー照明タイマーフードタイマー水槽用マットエアーポンプ水流ポンプ水中ポンプカルキ抜きウールマット比重計水温計人工海水ろ材底砂phモニター殺菌灯人工餌冷凍餌スポイトピンセットバケツ隔離ケースなどなどたくさんのアクアリウムのおすすめ商品を掲載しています!

まとめ

おすすめ水中ポンプとお役立ち情報はいかがでしたか?

水中ポンプは様々なシーンで活躍します。

是非、あなたに合う水中ポンプをお探しください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!