【保存版】海水魚の酸欠を1発で解決する方法!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

海水魚の酸欠を1発で解決する方法!

 

【結論】水面を水流ポンプで動かすこと!

 

ウブカタ
酸欠は海水魚が死ぬ原因の上位です。この記事を見れば貴方の海水魚の命は間違いなく救われます。

 

海水魚の酸欠を1発で解決する方法

超簡単!水流ポンプを水面に向けて設置するだけです!

 

たったこれだけ。騙されたと思ってやってみてください。

 

これだけで酸欠は解決されます。

 

ダラダラ説明しようと思いましたが、これ以上の説明は不要ですね。

 

水流ポンプを水面に向けて設置するだけで酸欠は解決されます。

オーバーフロー水槽なら水流ポンプは必要ない?いいえ。必要です。

確かにオーバーフローシステムなら三重管に海水が入った際に酸素を供給できます。

 

これは否定できません。

 

しかし、水槽は酸欠になる可能性が高いです。

 

1つの水槽という海に比べたら狭い空間に生き物が生きているということは活動量も含め、快適とは言えません。

 

魚の追加や水温上昇で海水は酸欠にいつでもなり得ます。

 

さらに、魚には側線という水流や衝撃を感じ取る器官があります。

 

その器官を活動的に動かさなければ、調子が崩れて当たり前です。

 

海はいつでも水流がありますので従いましょう。

 

★関連記事★

初心者必見!海水魚飼育の最強水流テクニック!

【保存版】海水魚水槽には水流ポンプが絶対に必要な理由! 

【保存版】海水魚の酸欠を1発で解決する方法!

まとめ

水面を水流ポンプで動かせば、水槽内に酸素供給することができる!

 

ウブカタ
あなたの海水魚の命を救う貴重な記事でしたね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)