なぜ魚は水の中で息ができるの?

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

なんで魚は水の中で息ができるの?

 

僕たち人間は水の中では呼吸はできません。

 

逆に魚は水の中でしか呼吸ができません。

 

ウブカタ
その魚の呼吸について楽しく学びましょう!基本中の基本は後々、飼育に大きく貢献しますよ!

 

 

 

魚が水中でも呼吸できる仕組み

魚は吸い込んだ水の中の酸素をエラで取り入れて息をしている!

魚は、吸い込んだ水の中の酸素を、エラで取り入れて息をしています。

魚には水の中で生きられるようにエラがあって、人間は地上で生活できるように
肺があります。

 

呼吸の流れ! 

 

①口から水を吸い込む

②エラで水中の酸素と、血液中の二酸化酸素を交換する

③エラブタから水を出す

 

 

エラ呼吸の特性は水の中から必要な酸素を吸収できること!

魚は、肺ではなく、エラ呼吸をしています。

 

エラは、水の中から必要な酸素を吸収します。

 

したがって、水の中で呼吸ができるのです。

水槽内では、酸素がメチャクチャ大事ってこと!

 

水槽内では人工的に酸素を作りださねばならないと覚えてください。

 

ここで言う酸素とはエアレーション(ブクブク)ではありません。

 

酸素=溶存酸素とハッキリ覚えてください。

 

つまり、水に溶け込んだ酸素のことです。

 

この溶存酸素を作る事が大事なのです。

 

それにも関らず、容量以下の外部フィルターを使用していて、すぐ死んじゃうんです・・・

 

というご相談をいただきますが、残念ながら僕でもわかりません。

 

これを解決してくれるのがオーバーフロー水槽です。

 

しつこい位言ってますが、本当に飼育が楽になりあなたの悩みも解決してくれます。

 

いかに水槽内に酸素(溶存酸素)を作り出すかを考えてください。

 

ちょっと難しかったですかね・・大丈夫!マリブのブログを全部見てくれれば、

 

山ほどアツイ情報がありますから(笑)

 

まとめ

魚は水を吸い込んだ際に酸素を取り入れてるから呼吸ができる!

ウブカタ
魚にとって酸素の溶け込んだ水がメチャクチャ大事ということです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)