記事公開日:2017.7.3最終更新日:2020.2.8

【保存版】魚の鱗(ウロコ)の役割のすべて!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

どうして魚にはウロコがあるの?

 

こんな疑問はありませんか?

 

ウブカタ
それでは”魚のウロコ”の役割をお伝えします。飼育にも当然使える情報ですよ!

鱗(ウロコ)はなにでできている?

主にリン酸・カルシウムで構成されている!

魚の鱗は無色透明でプラスチックのような質感がありますね。

 

魚のウロコは、主にリン酸・カルシウムでできています。

鱗(ウロコ)の役割

役割その① 外敵から体を守る

硬いウロコを身にまとっているおかげで、海の中を浮遊している障害物や、ゴツゴツとした岩肌にぶつかっても、身体を傷付けずに済んでいるのです。

 

体をコーティングしている役割があります。

 

役割その② 寄生虫から身を守る

海には多種多様な寄生虫がいます。

寄生虫は口やエラや体の一部からといろいろな方法で体内へと寄生します。

 

体をウロコでコーティングしていることで魚達は寄生虫からの侵入を阻止しているのです。

 

役割その③ 栄養分の貯蔵

ウロコには、カルシウムなどのミネラル分が貯蔵されています。

 

魚は血液中のカルシウムが不足すると、自動的にウロコからカルシウムを補給するようになっています。

 

ウロコには栄養分の貯蔵を担っているということです。

 

役割その④ センサー察知

さらに、ウロコには振動や水圧を察知するセンサーとしての役割があると言われています。

 

魚の体の両側にある側線に並んでいるウロコには、穴が開いています。

 

この穴が開いたウロコで水圧の変化や振動を察知しているとされています。

 

ウロコによって自分の位置や敵の存在を把握しているということになります。

 

役割その⑤ 塩分から体を守る

体液に含まれる塩分よりも濃度の濃い塩分を含むのが海水です。

 

この海水の塩分の出入りを抑制するためにウロコは活躍します。

 

出入りを抑制することで魚の体を保護し、濃い塩分によってもたらされる病気などからを防止しています。

 

役割その⑥ 水の抵抗を減らす

ウロコは水の抵抗を受け流せるように同じ向きに配置されています。

 

また、水流の乱れや水の抵抗を抑える役割を併せ持っています。

 

水流の流れをウロコで制御することで遊泳効率を上げる役割を果たしています。

 

※【番外編】ハリセンボンの針は実はウロコ!

ハリセンボン

ハリセンボンのトゲトゲは針ではなくて、ウロコです。

 

こんなにもウロコが鋭利な理由は、敵から身を守る為です。

 

身の危険を感じた際に海水と空気を飲み込み瞬時に体を膨らませます。

 

それ以外にも、大きく膨らみ、ウロコが鋭利だと大きさ・強さをアピールしています。

 

★関連記事★

【決定版】衝撃!ハリセンボンの針の数は1000本ない!飼育方法も掲載

鱗(ウロコ)全5種類

●楯鱗(じゅんりん)

サメやエイなどの軟骨魚類の持つウロコを楯鱗(じゅんりん)と言います。

 

 

●硬鱗(こうりん)

チョウザメ類のみが硬鱗(こうりん)のウロコを持っています。

 

 

 

●骨鱗(こつりん)

骨のみで構成されています。

 

 

ヒラメ

 

●円鱗(えんりん)

円形で表面が滑らかです。

 

 

 

●櫛鱗(しつりん)

後部の露出部に小さなトゲがあります。

 

 

 

★鱗(ウロコ)関連記事★

【フエカワムキ】”ウロコのみ”を好んで食べる海水魚!

【ウロコフネタマガイ】金属のウロコを持つ唯一の海洋生物!

ウロコアイザメの油脂が新型ワクチンに利用されているのだ!でも乱獲問題が・・・涙

まとめ

・ウロコには外敵から身を守るコーティングとしての役割がある!
・ウロコの種類は5種類!

 

ウブカタ
ウロコは体を守るコーティングの役割があるんです!超大事!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)