記事公開日:2017.8.15最終更新日:2022.12.31

海の魚を食べてもしょっぱくない理由は塩分濃度にアリ!

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

海はしょっぱいのに、なんで海の魚を食べてもしょっぱくないの?

 

そう思いませんか?

 

ちなみに海がしょっぱい理由は、海がしょっぱい理由!をどうぞ。

 

あんなにしょっぱい環境に24時間365日生活してる海水魚は絶対しょっぱいでしょ!!??

 

絶対そうだよ!!!!そうだ!そうだ!

 

どれどれ・・パクっ・・・

 

しょっぱくないじゃん・・・なんで??

 

嗚呼!不思議すぎるぜ!その謎を解明します!

海の魚を食べてもしょっぱくない理由

簡単な原理!バンバン塩分を排出してるから!

あなたの汗をペロッと舐めてみてください。

どうですか?

え?甘いですか?

 

このブログを速やかに閉じて、病院へ行ってください(笑)

しょっぱいですよね?

 

そうです。塩分です。

人間は体に余分な塩分があると、汗やオシッコで体の外に出します。

これは魚も全く同じ事です。

 

つまり、バンバン海水(塩分)を吸ってバンバン不要な海水(塩分)を絶え間なく吐き出してるのです。

そうしないと、塩分の摂り過ぎになってしまうからです。

常に海水魚は濃いオシッコやエラから塩分を吐き出し、体内の塩分濃度を一定に調節してるのです。

 

 

ガンガン吸ってーガンガン吐くぜ!!!

 

だから、海のお魚を刺身で食べても、煮ても、焼いてもしょっぱくないのです。

何故ならば、しつこいようですが、バンバン塩分を吐き出してるからです。

 

★呼吸関連記事★

【呼吸の仕組み】なぜ魚は水の中で息ができるの?

水の”外”で生きられる海水魚!すなわち”陸上”でも呼吸できるハゼ!

 

ちなみに水槽内に酸素を供給する方法は水面を動かすこと

水流ポンプを使って水面を揺らせば水槽内に溶存酸素を供給することが可能になりアクアリウムでよくあるトラブルの酸欠にはなりません。

酸欠にならないように水流ポンプを上向きで設置しましょう。

 

再確認!水槽内に酸素を供給する方法は水面を波立たせることです。

 

 

 

★水流おすすめ商品★

【おすすめ掲載!】海水魚・サンゴ飼育の最強水流テクニック!初心者必見!

 

★水流おすすめ商品★

【保存版】海水魚の酸欠を1発で解決する方法!

【保存版】海水魚水槽には水流ポンプが絶対に必要な理由!

 

またプロテインスキマーでも海水を撹拌できるので酸素供給が可能です。

ろ過のサポート役としても活用できます。

 

 

★プロテインスキマーおすすめ商品★

【プロ伝授】海水水槽おすすめプロテインスキマー!必要性・効果・仕組みなど完全解説!

海水魚・淡水魚の塩分濃度は同じ0.9%

意外でしょ?

 

塩分濃度が海水魚も淡水魚も全く同じ0.9%なんです!

 

 

塩分濃度が0.9%ということはしょっぱいはずがありませんね!

 

★関連記事★

海がしょっぱい理由!

しょっぱい海の中で海水魚が生きられる驚きの構造と仕組み!

海の氷がしょっぱくない理由

まとめ

●簡単な話。ガンガン塩分を吸って、ガンガン塩分を吐き出してる!

●海水魚の塩分濃度は淡水魚と同じ0.9%のみ!

●だから海水魚を食べても、しょっぱくありません!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください! マリブでは海や海水水槽の情報を定期的に更新してますので是非、お楽しみください!