海の魚を食べてもしょっぱくない理由は塩分濃度にアリ!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

海はしょっぱいのに、なんで海の魚を食べてもしょっぱくないの?

 

そう思いませんか?

 

ちなみに海がしょっぱい理由は、海がしょっぱい理由!をどうぞ。

 

あんなにしょっぱい環境に24時間365日生活してる海水魚は絶対しょっぱいでしょ!!??

 

絶対そうだよ!!!!そうだ!そうだ!

 

どれどれ・・パクっ・・・

 

しょっぱくないじゃん・・・なんで??

 

ウブカタ
嗚呼!不思議すぎるぜ!その謎を解明します!

海の魚を食べてもしょっぱくない理由

簡単な原理!バンバン塩分を排出してるから!

あなたの汗をペロッと舐めてみてください。

 

どうですか?

 

え?甘いですか?

 

このブログを速やかに閉じて、病院へ行ってください(笑)

 

しょっぱいですよね?

 

そうです。塩分です。

 

人間は体に余分な塩分があると、汗やオシッコで体の外に出します。

 

これは魚も全く同じ事です。

 

つまり、バンバン海水(塩分)を吸ってバンバン不要な海水(塩分)を絶え間なく吐き出してるのです。

 

そうしないと、塩分の摂り過ぎになってしまうからです。

 

常に海水魚は濃いオシッコやエラから塩分を吐き出し、体内の塩分濃度を一定に調節してるのです。

 

 

ガンガン吸ってーガンガン吐くぜ!!!

 

だから、海のお魚を刺身で食べても、煮ても、焼いてもしょっぱくないのです。

 

何故ならば、しつこいようですが、バンバン塩分を吐き出してるからです。

 

★関連記事★

【呼吸の仕組み】なぜ魚は水の中で息ができるの?

海水魚・淡水魚の塩分濃度は同じ0.9%

意外でしょ?

 

塩分濃度が海水魚も淡水魚も全く同じ0.9%なんです!

 

 

 

塩分濃度が0.9%ということはしょっぱいはずがありませんね!

 

★関連記事★

海がしょっぱい理由!

しょっぱい海の中で海水魚が生きられる驚きの構造と仕組み!

海の氷がしょっぱくない理由

まとめ

●簡単な話。ガンガン塩分を吸って、ガンガン塩分を吐き出してる!

●海水魚の塩分濃度は淡水魚と同じ0.9%のみ!

●だから海水魚を食べても、しょっぱくありません!

 

ウブカタ
海水魚の構造って面白いですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)