【海水水槽】失敗しないライブロックの選び方!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

ライブロックって知ってますか?

 

海水水槽にはもれなく100%入ってるあの岩です。

 

ただ飾りで入れてるとか、みんなが入れてるから入れてる、と言う方はめっちゃくちゃ多いです。

 

反対に、ライブロックの選び方と正しい知識を持ってる方はめっちゃくちゃ少ないです。

 

僕はいつも思う・・・

 

もったいないなぁ・・・ライブロックの事を少し理解すれば上手くいくのに・・・

 

ライブロック1つで良い方向にもってく事もできるし、悪い方向にいく事だってあります。

 

あなたの水槽が上手く回らないのはライブロックが原因かもしれません。

 

この記事をご覧になれば、水槽ノウハウが間違いなく、上がります。

 

ウブカタ
プロが教えるライブロックの選び方&正しい知識を学び、水槽スキルを上げましょう!

ライブロックの基本情報

ライブロックとは?

様々な生物が定着した岩(骨)です。

生きているサンゴが死んだ後に残る骨格がライブロックのもととなっており、この死んだ骨格に様々な生物(微生物、バクテリア、海藻等)が定着した状態のものをライブロックと言います。

微生物、バクテリア、海藻等の生物が棲みついているということは生きているということです。

微生物の多くは海水魚・珊瑚には有害な物質を餌としてます。そして排泄物(海水魚やサンゴにとって無害となる物質)として放出します。

 

まとめると・・・

 

海水魚・サンゴにとって有害な物質を無害な物質に変えてくれる貴重な岩なのです。

 

なんでライブロックを水槽に入れなきゃいけないの?

 

自然の海をご覧ください。

 

 

どこの海にも必ず岩があります。

 

海全体を浄化する能力がある役割があるんです。

 

じゃあ僕たちの愛する水槽にも入れちゃおーぜ!キレイにしてもらおーぜ!ってこと。

 

これが目的です。

 

水をキレイにするためにライブロックは必要!

 

ライブロックはろ過フィルターそのもの!

 

何かと似ていませんか?

 

そうです。ライブロックとはろ過フィルターなんです。

 

ろ過フィルターの役割は水を浄化すること。

 

ライブロックの役割は水を浄化すること。

 

=ろ過フィルターやんけ!!!

 

説明します。

 

ライブロックに様々な微生物が棲みついてると上記で伝えました。

 

生物が棲みつくということは、環境が良い証拠です。

 

環境が良ければ生命活動し海水魚・珊瑚にとっての有害物を食し無害化する。

 

この一連の流れを生物ろ過と言います。

 

はい!覚えましょう!

 

ライブロックとは水をキレイにするフィルターそのものだ。

 

ライブロックは隠れ家として最も優秀

 

水槽は広い海と違い、生活エリアが限定されます。

 

生き物というのは生活エリアを限定されると縄張りを主張します。

 

これは我々、人間でも変わりはありません。

 

役職・先輩、後輩・馴染みのカフェのいつもの席・会社のデスク位置等、これだって立派な縄張りですよね。

 

もし、何もない水槽に10匹入っていたら・・・

 

 

1に喧嘩。2に喧嘩。3.4も喧嘩で5に喧嘩。

 

ファイトッ!!!!!!!

 

 

あぁん!!!!!!!!

 

が止まらず、生き残るのは1~2匹でしょう。

 

何よりもストレスがハンパないです。

 

考えてください。

 

 

※昔、黄金伝説でスケルトン生活というのを見ててゾッとしました。

 

生きた心地しないでしょう。考えるだけでゾッとします。

 

水槽は観賞だけれど、隠れ家は必ず作ってください。

 

 

スッと隠れて、テリトリーにします。

 

魚にだってプライバシーは必要です(重要な事ですよ)

 

逃げ場所・隠れ場所を作ってストレスをかけさせなようにしよう!寝床にもなるよ!

 

ライブロックの選び方

悪いライブロック

 

・形が均一

・色が白い

・硫黄の様な腐ってる匂いがする

・コケが生えている

・軽すぎる

 

悪いライブロック

 

 

良いライブロック

 

・赤い石灰藻や海藻が付いている

・形がデコボコ・空洞が細かく多い

・磯の香りがする

・コケが生えてない

・ほどよく重い

 

良いライブロック

 

 

全然違うデショ!!こういうのを選んでネン!

 

 
ライブロックは海水水槽では必須です!
 
 

 

水槽に入れる前にはキュアリング作業しなきゃダメ

 

まずキュアリングとは?

 

輸送中や環境の変化で回復の見込みがない生物を取り除く作業の事です。

 

キュアリングの目的

 

ライブロックは水をキレイにするとお伝えしましたよね。

 

そのキレイにしてくれてるのが微生物・バクテリアなどの生物です。

 

そこにわざわざ死ぬ予定の生物がいたら、水が汚れるのが目に見えてますよね?

 

だから水質に害のある死骸はとっちゃおーぜ!って事です。

 

キュアリングはこうやる

 

 

エアレーション(ブクブク)するだけ。

 

3日もすればOK。温度調整は冬場なら26度前後が良い。

 

冬以外は温度調整はいらない。

 

色々、やり方はあるがこれで十分。やらない人が9割だからね(笑)やって~(笑)

ライブロックの寿命

腐敗臭が出たら交換するべし

ライブロックって直訳すると、生きている岩。

 

あの・・・ライブロックって生きてるんです。

 

生きている岩なので表面にバクテリアが付着しています。

 

そのバクテリアが水質浄化に直結します。 (上で説明しました通り)

 

生きている岩なので、苔も付きませんし、腐敗臭もしません。

 

ライブロックっではないけれど、海に行って岩の匂いを嗅いでも腐った匂いはしないでしょう。

 

これがマリブの思う自然界を考えたライブロックの寿命の考え方。

 

魚も生きている時は無臭ですし、エビもカニも貝もヒトデも全部。

 

ライブロックは生きています。

 

捨てるのは確かにもったいないから乾かしてトリートメント水槽や隔離水槽に使えばいい

ライブロックって高いですよね。

 

薬を使用したライブロックでなければ乾かして使えます。

 

いわゆるデスロックというやつです。

 

トリートメント水槽や隔離水槽などのサブに使えば隠れ家の提供ができます。

まとめ

・ライブロックとはろ過フィルターである。

・良いライブロックでなければ入れてる意味なし。

・入海前にキュアリング作業はしてください。

・ライブロックの寿命は腐敗臭が出てきたら!

 

ウブカタ
ライブロックが悪いからあなたの水槽の生体は死んでしまっているのかもしれません。この通りしてくれたら大丈夫!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)