記事公開日:2018.5.6最終更新日:2020.9.15

【保存版】海藻は3種類のグループに分類されている!緑藻・渇藻・紅藻!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

海藻は緑藻・渇藻・紅藻の3つのグループに分類されます!

 

ウブカタ
それでは海藻についてご案内します!

海藻とは?

海藻や海草と呼ばれる目で見ることのできる大きさの海産植物は、海底に着生(ちゃくせい)して成長しますので、光合成に必要な光が十分届く浅い海にしか見られません。

 

その結果、海藻や海草の分布は、海岸線付近の狭い範囲に限られています。(全海洋の1%以下)

 

しかし、成長が早く、熱帯雨林なみの生産力があるため、その生物量海洋植物全体のの3分の2に達すると見積もられています。

海藻は緑藻・渇藻・紅藻の3つのグループに分類

緑藻(りょくそう)

例)

・ウミブドウ
・アナアオサ
・ミル

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

渇藻(かっそう)

例)

・ウミグサ
・ヒジキ
・ワカメ
・サナダグサ

 

紅藻(こうそう)

例)

・ユカリ
・アサクサノリ
・トサカノリ

海水水槽で海藻と言えばウミブドウ・サボテングサがメジャー

枯れる・溶けるは一瞬なのでご注意を

いわゆる〖マリンプランツ〗と呼ばれています。

 

ウミブドウ・ウミグサは入手しやすいので水槽に入れてる人も多いかもしれませんね。

 

爽やかな印象になるのでテンジクダイ・ハナダイ、ハナゴイなどの水槽には映えますよね。

 

ただし!

 

僕の経験上、結構難しい・・・そんですぐ枯れる・・・しかも一瞬で・・・(これは飼育者の相性も関係しています。)

 

コツは完全に立ちあがってる状態と硝酸塩を抑えた低栄養の環境の方が育ちます。

 

LEDで十分なので光が必要です。

 

本来彼らは浅い海にいるので栄養塩には強いのですが、水槽になると状況がガラリと変わります。

 

ただ、サンゴだけじゃなくてこういうマリンプランツも入れてみたい!という方はまた新たな楽しみが増えますよね。

 

とにかく清潔な水質で飼育を楽しんでください!

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

★海藻関連記事★

まとめ

海藻は緑藻・渇藻・紅藻の3つのグループに分類されます!

 

ウブカタ
飼育する上で有名なのは、ウミブドウ・ウミグサ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!