記事公開日:2018.10.25最終更新日:2020.8.29

【コントロール】海水魚が体の色を変化させることができる理由!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

魚は体の色を変えることができます!

 

ウブカタ
どういうことなのでしょーか!早速見ていきましょう~!

魚は体の色を変えることができる理由

ほとんどの魚は、自分の体色を変化させることができる

ほとんどの魚は自分自身で体色の色を変えることができます。

 

魚の皮膚には、色の素(色素)を含んだ色素胞(しきそうほう)という細胞があります。

 

色素胞には光を吸収する黒・赤・黄色の色素胞や、光を反射して青色を出す色素胞があり、その種類や数、働きによって体色が決まります。

 

魚は色素胞の中の色素を集めたり散りばらせたりすることで、さまざまな色をつくりだし体色を変えるのです。

 

体色の変化の仕方は魚の種類によって決まっています。

魚が体色変化させるとき

 

●オスがメスに求愛するとき(派手になる)
●ライバルのオスと争うとき
●寝ているとき(薄くなる)
●警戒しているとき(黒っぽくなる)
●環境の変化によって体色を変えるとき(環境に溶け込むような色になる)

 

ウブカタ
なるほど!魚も器用なんです!

 

★ 関連記事★

海水魚の体色変化!『黒くなる』理由と対処法!

海水魚疑問!幼魚と成魚じゃ全然見た目が違くなる理由!

まとめ

魚は体の色を変えることができる!

水槽内で見れるのは、寝ている時と警戒しているときです!

 

ウブカタ
魚の色が変わる理由でした!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!