記事公開日:2018.8.3最終更新日:2020.9.19

【使用NG】海水水槽には”淡水水槽で使用していた底砂”は使用してはいけない理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

淡水水槽の砂利を海水水槽に入れられるの?

 

新規のレンタルのお客様からご質問をいただきましたので解説させていただきます。

 

【結論】使用できません!死にます!

 

ウブカタ
淡水水槽と海水水槽は同じ魚ではありますが、全く違う生き物と認識していただくとわかりやすいです。それでは解説します。

淡水で使用している底砂は海水水槽では使用してはいけない理由

淡水水槽の底砂は水質を弱酸性にしてしまう!海水は弱アルカリなんです!

多くの淡水魚は弱酸性の水質が適しています。

 

ソイル系などと呼ばれ市販されている底砂(そこずな)は、入れておくだけで水質を弱酸性にしますので淡水魚飼育ではピッタリです。

 

しかし!

 

海水水槽の水質は弱アルカリ性~アルカリ性です。

 

PH(ペーハー)が下がってしまうんです。

 

PH表

PH 属性
~6.0未満 酸性
6.0~7.0未満 弱酸性
7.0 中性
7.0以上8.0未満 弱アルカリ性
8.0以上 アルカリ性

 

つまり、淡水の底砂を使用すると水質が弱酸性になり弱アルカリ性の海洋生物は生きられないということになるんです!

 

海水水槽では常に弱アルカリ性(アルカリ性含め)にしなければいけません。

 

ウブカタ
つまり、淡水水槽の底砂は全く向かないどころか、死を招いてしまうのだ!入れちゃダメよ!

 

★関連記事★

海水魚・サンゴ水槽のPH(ペーハー)が下がってしまうお悩み解決!

 

海水水槽には“サンゴ砂”を使用しよう!

CLICK!アクアリウム通販NO.1のチャームで購入できます!

 

サンゴ砂はサンゴの骨格が自然に砕けたもので水槽に入れておくだけで水質を弱アルカリ性に傾けてくれます。

 

詳しくは、海水魚水槽の底砂の種類はコレで決まり!に細かく書いてすので見てみてください。

 

ウブカタ
海洋生物の飼育をするんだったら素直に海水コーナーで購入してください!

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

★関連記事★

【おすすめ3選】海水水槽の底砂の選び方と重要性!

【掃除生体】海水水槽の底砂に生えたコケを取る方法!

まとめ

海水水槽に淡水水槽で使用していた底砂(そこずな)はいかなる理由があっても入れてはいけません!

海洋生物は弱アルカリ性の水質なので、淡水の底砂を入れると弱酸性になってしまう!

つまり、海洋生物の死を意味する!

 

ウブカタ
気を付けてください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!