記事公開日:2020.4.18最終更新日:2023.1.21

鰻(ウナギ)を焼くときにうちわでパタパタする理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

なんでウナギを焼く時にうちわでパタパタするの?

 

【結論】ウナギは脂が多いのでパタパタしないと味が落ちてしまうから!

 

知らなかったでしょ!?それではどうぞ!

ウナギを焼くときにうちわでパタパタする理由

ウナギは脂が多いのでパタパタしないと味が落ちてしまうのだ!

ウナギは焼くと200度以上の高温になるので溶けた脂がポタポタと落ちて火の上で燃え上がります。

 

そのままにしておくと、火力とススによって真っ黒になってしまいます。

 

また、脂は熱によって悪臭のある成分や有毒ガスに分解されてしまいます。

 

これが、せっかくのウナギについてしまうと、味も香りも台無しです。

 

そこで、うちわでパタパタ煽いで、ススや煙がウナギにかからないようするのです。

 

これで美味しいウナギが焼き上がるという塩梅です。

 

★ウナギ関連記事★

【驚愕!】うなぎの体色が黒い理由は”日焼け”!

ウナギが異常に”ヌルヌル”している理由

【性別】養殖ウナギのほとんどがオスの理由!

【わかりやすい】うなぎとあなごの見分け方!

【15選!】長~~~~い魚の種類一覧!

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る

 

※マリブでは水槽おすすめ商品を皆様にわかりやすくご案内しています!

★おすすめ商品★

おすすめ商品カテゴリー(クリックすると一覧が出てきます)

水槽掃除グッズ水質測定試薬全種類クーラーヒーターサーモスタッド外部式フィルターLEDライト 水槽台照明タイマーフードタイマー水槽用マットエアーポンプエアチューブエアストーン水流ポンプ水中ポンプカルキ抜きウールマット比重計水温計人工海水ろ材底砂phモニター殺菌灯人工餌冷凍餌スポイトピンセットバケツ隔離ケースなどなどたくさんのアクアリウムのおすすめ商品を掲載しています!

まとめ

ウナギをパタパタする理由は、脂が多いのでパタパタしないと味が落ちてしまうからです。

脂は熱によって悪臭のある成分や有毒ガスに分解されてしまいますのでそれを防ぐ根拠ある行動です。

 

日本伝統の古い文化かと思ってましたが、科学的アプローチをしているのを知り、感心しました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
アバター画像
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください! マリブでは海や海水水槽の情報を定期的に更新してますので是非、お楽しみください!