記事公開日:2018.4.22最終更新日:2020.11.15

【性別】養殖ウナギのほとんどがオスの理由!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

養殖ウナギはほとんどがオス!

 

ご存知でしたか?

 

ウブカタ
ウナギはまだまだ謎がいっぱい!それではどうぞ~!

養殖ウナギにオスが多いのはストレスの問題

ウナギの性が決まるのは全長15㎝~20㎝の段階

水槽内で大量飼育されているストレスが原因ではないかと考えられています。

 

この全長15㎝~20㎝の時期の温度・湿度・個体同士の密度のストレスで養殖ウナギのほとんどはオスではないかということです。

 

ウナギは魚類の中でも謎多き生物です。

 

未だに研究が続けられています。

ウナギの性について

天然ウナギの性の比率はメス1に対しオス1。

 

しかし!

 

オス・メスの比率を産地別に調べると・・・

 

本州の北部では1対1ですが、南に行くほどメスの割合が下がります。

 

ウナギは複雑です・・・。

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

★ウナギ関連記事★

ウナギの体色が黒い理由は”日焼け”!

ウナギが異常に”ヌルヌル”している理由

土用の丑の日にうなぎを食べる理由!あ~そういうことか~!

【わかりやすい】アナゴとウナギの4つの見分け方!

【猛毒】ウナギの刺身がない理由!

まとめ

養殖ウナギのほとんどがオスなのはストレスが原因ではないかと言われています。

 

ウブカタ
しかし、詳しいことはまだハッキリとわかっていません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!