魚の【浮き袋】の役割をわかりやすくご説明!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

魚の浮き袋の役割!

 

魚の体内には浮き袋があります。

 

ウブカタ
浮き袋の役割についてわかりやすくご説明します!

魚の浮き袋の役割

浮き袋とは?

硬骨魚類特有の機能で気体の詰まった袋状の器官です。

気体を出し入れして、浮力調節をしています。

 

 

浮き袋の最大の役割は【浮力調整ができること】

浮力が0に近ければ、浮き沈みするのにほんのわずかな力で済みますし、水中での運動エネルギーも消費しなくて済みます。

 

そこで、多くの魚は浮き袋という器官を持ちます。

 

浮き袋の中の気体の量を変えることによって、浮力を調節しています。

この浮き袋があるからこそ、浮力調節でき自由に泳いだり、上下に動く事ができるのです。

 

浮き袋の中の気体って何?

酸素・二酸化炭素・窒素などの混合ガスです。(魚の種類や状態によって多少割合は変わりますが、どの魚も同じです)

 

浮き袋は2パターンある

①口から空気を出し入れして浮力調節するタイプ・・サケ・コイ・キンギョなど

②血液中の気体を出し入れして浮力調節するタイプ・・ほとんどの魚がコチラ

 

血液中の気体を出し入れする仕組み

気道を持たず、浮き袋が消化管か独立している魚では、浮き袋の調節は血液中の気体を出し入れして行われます。

 

このタイプの魚の浮き袋には、赤線(せきせん)と卵状体(らんじょうたい)よ呼ばれる毛細血管に集中している組織があります。

 

赤線は浮き袋の腹面(ふくめん)にあって、動脈血の中から気体を取り入れてます。

一方、卵状体は浮き袋の背面にあり、浮き袋の中の気体を動脈血の中に溶かしこむ働きをします。

浮力調節以外の役割

音を出すための器官

魚が音を発する場合の多くは、【浮き袋の振動】によるものです。

浮き袋にくっついてる筋肉が収縮することによって、浮き袋の壁に衝撃を与えて音を出す仕組みです。

 

鳴く魚の生態が納得できすぎる!に詳しく書いてます!

 

音を感じるための器官

魚も音を感じます。内耳という機能があります!

うっそん!海水魚は僕たちの声が聞こえてる!理由を徹底解明!に詳しく書いてます!

浮き袋を持たない魚たち

サメやエイなどの軟骨魚類には浮き袋がない!

浮き袋を持っているのは硬骨魚類のみに限定されている器官です。

 

軟骨魚類は、肝臓に特別な油を溜めるなどをして、浮力を調節しています。
(※ウナギなどの円口類も同様に浮き袋がありません。)

 

彼らは浮き袋がありません!

※一部の掲載です。
※一部の掲載です。

 

★浮き袋関連記事★

毒で浮き袋をつくる海藻

まとめ

①浮力調節

②音を出すため

③音を感じるため

 

 

ウブカタ
浮き袋の役割は3つ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)