記事公開日:2020.4.6最終更新日:2020.9.8

【風速90m!】南極の風が強い理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

南極の風が強い理由!

 

ウブカタ
不思議に思いますよね。いつ見ても風が強い映像が流されてます。その理由をご案内します。

【風速90m】南極の風が強い理由

何故、こんなにも強い風が南極は吹くのか?

南極では最大風速90mという、他の大陸では考えられない風が吹きます。

 

雪や氷の結晶を巻き上げてビュンビュン吹く映像を見たことがあると思います。

 

こんなに強い風が吹く理由は、低気圧の接近南極氷床特有の地形にあります。

 

※南極は、お椀を逆さにしたような形です。

 

標高の高い内陸部で冷やされ重くなった空気が、なだらかな斜面に沿って海岸方面へと一気に滑り落ちるため風速が加速します。

 

こうして起こる強風を「カタバ風(ふう)」と呼びます。

 

カタバ風のイラスト

※カタバ風のイラスト

 

風速の目安

3m・・・そよ風

5m・・・旗が揺れる

7m・・・砂埃が起きる

10m~15m・・・歩きづらい

15m~20m・・・歩けない

20m~25m・・・危険レベル※建物のシャッターが壊れ、風に飛ばされた物で窓ガラスが割れる被害が出ます。

25m~30m・災害レベル立っていることはできず、屋外での行動には危険が伴います。樹木は根こそぎ倒れるようになります。

建物ではブロック塀が倒れたり、取り付け不完全な看板などが吹き飛ばされたりします。

30m以上・屋内でも危険※このレベルになると屋根が飛ばされたり、木造住宅が全壊したりします。もはや屋内でさえ安全な場所とは言えないレベルになってきます。

 

こう見ると・・・南極の90mは強風中の強風ということがわかりますね!

 

★南極関連記事★

【わかりやすい】南極の氷と北極の氷の違い!もし溶けたら・・・

南極の海に酸素濃度が高い理由!

北極・南極の魚はなんで凍らないの?だって水温は平均-2℃だよ!

【地球上の淡水90%】南極の氷の量

まとめ

南極の風が強い理由は、低気圧の接近南極氷床特有の地形にあります。

 

ウブカタ
標高の高い内陸部で冷やされ重くなった空気が、なだらかな斜面に沿って海岸方面へと一気に滑り落ちるため風速が加速します。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!