記事公開日:2019.9.3最終更新日:2020.8.30

【体側筋】魚の身は魚類学的には筋肉なのだ!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

魚の身は魚類学的には「体側筋」という筋肉なのだ!

※体側筋(たいそくきん)

 

ウブカタ
えええ!そうなの!?知らなかったでしょ(笑)!?それではどうぞ!

魚の身は魚類学的には「体側筋」という筋肉

photo by Jen Arrr

皆さんが普段、食べてる魚の身をよく考えてみませんか?

 

「身」と呼ばれる部分のほとんどは、「体側筋」と呼ばれる筋肉なのです!

 

魚はこの体側筋を収縮(しゅうしゅく)させて体をくねらせ、または、ヒレを動かして泳いでいます。

 

★関連記事★

魚の泳ぎ方は全部で4種類!

魚の進化は腹ビレの位置で一目瞭然でわかる!

まとめ

魚の身は魚類学的には「体側筋」という筋肉!

 

ウブカタ
つまり、僕たちは魚の筋肉を食べてるんです!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!