水槽から生臭い魚の匂いがすることは絶対にない理由!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

水槽から生臭い魚の臭いがすることは絶対にありえません!

 

魚って生臭くないですか?

 

スーパーの魚売り場だったり、魚屋さんの前を通ると、魚臭いですよね?

 

そうです。あの匂いです。オイ二―です。

 

生きてる魚は臭くありません。

 

死んでる魚が生臭いんです。

 

つまり水槽から生臭い・魚臭いがすることは絶対にありえません!

 

魚は生臭いから嫌だ!だから水槽は嫌!と思ってる方がいましたら、

 

安心してください!水槽から生臭い匂いはしません!

 

ウブカタ
魚の匂いの正体を知っておきましょう!

魚が生臭い理由

セグロチョウチョウウオ

 

生きてる魚は無臭!

はい、皆さん嗅いでみてくださいね!!

 

はい、嗅いでませんね(笑)

 

ほぼ無臭のはずです。

 

誤解が解けました。

 

生きてる魚は臭くありません!

 

魚には2種類の匂い物質がある!

 

①魚特有の匂いの正体は、ジメチルアミンという物質です。

②生臭さの正体は、トリメチルアミンという物質です。

 

ん?どっちが普段嗅いでる匂いなの?

 

②のトリメチルアミンという物質を普段僕たちは嗅いでます。

 

匂いの原因はトリメチルアミンなのです!

魚の匂いの正体のトリメチルアミンとは?

魚の中に大量に含まれるトリメチルアミンという物質が、分解して発生します。

 

その分解を手助けするのが細菌です。

 

お魚が死んで、死後硬直が解けてくると、段々と細菌の活動が活発になってきます。

 

すると細菌の持つ酵素によってトリメチルアミンが生成されます。

 

時間が経つほどこれが生成され臭いがどんどん出てきます。

 

そしてついにアンモニア臭が発生します。←死んじゃった魚を放置するとアンモニア臭くなる!

 

ってよく言いますよね?

 

ここにトリメチルアミンが関係してくるのです!

 

★関連記事★

魚の死後硬直の原理

魚が死んじゃった時の対処法!

水槽からの嫌な匂いを消す方法!←匂いはコントロールできるのだ!

【プロが教える】魚が死ぬと浮く理由!海水水槽メンテナンス知識!

水槽からの匂いは水の劣化した匂い・コケの匂いが原因

ウズマキヤッコ

 

魚から匂いはしませんので安心してください。

 

ただ、中型魚以上の魚が死んじゃうと、匂いは出てきます。

 

そういう時は網で掬うのが最善の方法になります。

 

ちなみに水槽からの匂いを消したい場合は水換えをしてください。1発で解決です。

 

何度も言うように、水換えほど優れた飼育方法はありません。

 

めんどくさがらずに水換えをしてくださいね。

 

ビックリするほど状況は改善するはずです。

 

★関連記事★

手に残った魚の生臭い匂いをスッキリ取る方法!

海水魚水槽からの嫌な匂いの対策方法!

 

まとめ

●死んでる魚は臭い!

●生きてる魚は臭くない!

つまり・・・水槽にいる魚から嫌な匂いがする事は絶対にありません!

 

ウブカタ
これで安心ですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)