【完全版】『魚』の語源!元は象形文字だった!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

『さかな』の語源って何???

 

僕たちは当たり前のように、『さかな』という言葉を使っています。

 

そもそも何故、『さかな』と名付けられたんだろう?

 

ウブカタ
そんな『さかな』と呼ばれた語源を楽しく学びましょう!

『さかな』と名付けられた語源

『さかな』の語源は何?

 

江戸時代から、【酒菜(さかな)】と呼び、お酒を飲む時に添えて食べるものの意味です。

その酒菜(さかな)のうち、魚や肉のような動物性食品を【真菜(まな)】と呼び、野菜のような植物性食品を【疏菜(そな)】と呼んでいました。

しかし、酒のサカナ(肴)としては、昔は肉より魚が多かったことから、魚のことだけを

【さかな】と呼ぶようになったとのことです。

ちなみにその真菜(まな)を料理する板だから、真菜板と呼ばれるようになりました。

 

 

まとめると・・・

 

酒のつまみの肴(さかな)は、肉も魚も一緒のくくりで『さかな』と呼ばれていました。

しかし、肉よりも魚の方が手に入る機会が多かったために、魚のことだけを魚と呼ぶようになったのでした。

 

元は象形文字だった!

 

『魚』という字は、魚の頭・胴(どう)・ひれを表した象形文字からできたというのが有力です。

 

また魚を『ウオ』と訓読みします。

 

これは江戸時代に貝原益軒(かいはらえきけん)という学者が【鱗ありて泳ぐゆえ、鱗のウと泳ぐのオをとりてウオといふ】と記したそうです。

 

簡単に言うと、造形語ってことですね。

 

貝原益軒。 このおじいちゃんが訓読みの【ウオ】を付けた人。パイセンにリスペクト!

 

海外では『fish(フィッシュ)』だが、呼び方はたくさんある!

海外(英語)では魚類は一般的に『fish(フィッシュ)』と呼ばれます。

 

それ以外にも、

 

●シェルフィッッシュ(Shell fish):エビ・カニ・貝などの殻のあるもの

●カトルフィッッシュ(Cuttle fish):コウイカ類のように甲のあるの

●スターフィッッシュ(Star fish):ヒトデ類のように星型のもの

●ジェリーフィッッシュ(Jelly fish):クラゲのようなジェリー状のもの

 

意外と細かくあるんですね~。

 

★語源関連記事★

【魚大好き日本人】刺身の語源!

【全ての魚好きへ】すしの語源!

まとめ

『さかな』の語源は肉も魚も同じくくりだった!

しかし、魚の方が多く食卓に並んでいた為、肉・魚のうち、『魚』だけを取り、『魚』と呼んだのがはじまり!

 

ウブカタ
これであなたはお魚博士!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)