記事公開日:2018.4.1最終更新日:2020.9.15

【オオカミウオ】凶暴な見た目の割に赤ちゃんをしっかり保護する姿勢に胸キュン!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

オオカミウオという海水魚をご存知ですか?

 

見た目が恐くグロテスクなんですが、意外な一面もあるんです。

 

それは、性格のおとなしさと卵を保護する姿勢

 

まさに見た目だけで判断してはいけません!ということです。

 

人間は見た目通りだと僕は思いますが。

 

ウブカタ
それでは、オオカミウオについて見ていきましょう!

オオカミウオは卵を守る!

photo by Tim Evanson

卵が孵化するまで保護する

 

恐い見た目だけど、卵を愛情持って守るっス!

 

卵の塊を身体で包むようにして保護します。

 

優しいね~

 

性格はおとなしい

鋭い歯と丈夫なアゴをもっていて、エビ・貝・ウニ・カニなどを食べます。

 

しかし、用心深く臆病な性格をしています。

 

人間に襲いかかることはありません。

 

見た目がユニークなので水族館で人気があります。

 

オオカミウオってどんな魚?

オオカミウオ科に属する海水魚です。

 

深海魚に見えますが、深海魚ではありません。

 

オオカミウオは、ギンポに近い仲間なのでギンポと同じように、直径20㎝くらいの

 

卵塊(らんかい)に体を巻きつけ、卵が孵化するまで保護します。

※卵塊(らんかい)とは、卵の塊のことです。

 

日本では、食用になりませんが、海外では食用魚です。

 

オオカミウオの名前の由来

海外では、wolffish(ウルフフィッシュ)という英名です。

 

狼(オオカミ)のような恐ろしい顔からウルフフィッシュと呼ばれています。

 

和名はそのまんま狼魚(オオカミウオ)

オオカミウオ基本情報

photo by Maritime Aquarium at Nor

分類 スズキ目ゲンゲ亜目オオカミウオ科オオカミウオ属
名前 オオカミウオ
生息 東北地方~オホーツク海・ベーリング海
水深 水深50m~100m
体長 1m(最大1.21m)
食性 動物食性

 

神奈川県でオオカミウオが見れる水族館

新江の島水族館にいます!

新江の島水族館のHP

 

オオカミウオを目の前で見てみよう!

まとめ

実は、海水魚はオスが卵を保護するパターンがほとんどです。

しかし、オオカミウオの萌えるギャップを皆様にお伝えしたくてご案内しました。

 

ウブカタ
オオカミウオの萌えポイント

 

 

●卵を大事に保護する

●用心深く臆病な性格で人間に襲いかかることはない

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!