記事公開日:2018.1.24最終更新日:2020.2.8

【サメ・エイの卵】”人魚の財布”のすべてがわかる!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

人魚の財布と呼ばれるモノってご存知ですか?

 

人魚の財布と呼ばれる正体はサメやエイの卵です。

 

「まるで人魚が置き忘れた財布」のようだという由来があるのです。

 

海洋生物はよく例えられますね(笑)

 

ウブカタ
それでは人魚の財布をご案内します。

人魚の財布と呼ばれるモノは?

人魚の財布はサメやエイの”卵”

トラザメやネコザメ、エイの仲間のガンギエイなどは丈夫な卵殻(らんかく)に包まれた卵を産みます。

 

大きさは大体15㎝前後です。

 

この姿形を[人魚の財布]と呼ばれてるわけです。

 

これを卵生(らんせい)と言います。

 

 

 

多くのサメは人間と同じように産む

多くのサメはメスのお腹の中で子を育て、親と同じ姿形にまで成長させた後に産み出します。

 

これを胎生(たいせい)と呼びます。

 

僕たち人間も胎生です。

どのくらい産むの?

トラザメやネコザメは数十個程度産むと言われています。

 

ヨーロッパ産のガンギエイは数個と観測されています。

 

卵殻中(らんかくちゅう)の卵は半年~1年かけて発生がすすみます。

 

卵殻を破って出てくるときにすでに親と同じ姿形をしています。

 

鳥みたいなイメージですね。オンギャー

 

ネコザメ
 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

★卵関連記事★

世界一卵を産む魚はマンボウ!なんと3億個の数を産む!

卵を口の中で大事に育てるオスの海水魚!

魚はなんで卵を守るのはオスばかりなのか?その理由を解説!

【ダンゴウオ】母性愛に感動!卵を抱っこする海水魚

産卵のため砂浜に集団で乗り上げるクサフグ!その理由が痺れる!

まとめ

人魚の財布とはサメやエイの卵!

 

ウブカタ
とっても素敵なネーミングですね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)