記事公開日:2019.2.20最終更新日:2022.11.8

【なぜ?】エビがおがくずの中でも死なない理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

なんでエビはおがくずの中でも生きられるの?

 

【結論】おがくずは水分の保湿性が高く、さらに低温で輸送することでエビの呼吸量を抑えているから生きていられるのです!

 

皆さんのお家に生きているエビが冷凍ボックス入るで送られてきたことはありますか?

 

大体は、フタ付きの発砲スチロールの箱の中に”おがくず”がギッシリと敷き詰められていて、その中にエビが埋まっている状態です。

 

そして、エビを手に取ると・・・生きてるーーーー!!!!

 

こんなビックリ体験をされた方もいるでしょう。

 

実はこんな仕組みがあったんです!!

エビがおがくずの中でも死なない理由

エビがおがくずの中でも死なない理由

エビはエラで呼吸をしています。

 

エビのエラは、胸のあたりの殻の内側にあって、エラに触れる水から酸素を取り込み、二酸化炭素を出しています。

 

つまり・・・エラに周辺に水分があれば呼吸ができて、エラが乾けば死んでしまいます。

 

おがくずは保湿性が非常に高いため、エビのエラの周囲に水分を保持することができるのです。

 

だからおがくずを詰める前に、胸のあたりを十分に水分で湿らせておけばエビは生きられるのです。

 

おがくずとは、ノコギリなどで木材を加工するときに生じる目の細かい木屑(きくず)のことです。

 

おがくずに保湿性があるとはいえ、海中よりもはるかに水分量は少ないです。

 

そんな過酷な環境で何時間も生きていられるのは、低温で輸送して、エビの呼吸量を抑えているのです。

 

そして、おがくずの中に埋もれていて身動きがとれないため、酸素をあまり消費しないことも長時間生きられる理由です。

 

 

 

★エビ関連記事★

エビやカニの血液が赤くない理由!

【寿司ネタ】甘エビは年齢で性別が変わっちゃう!

ハゼとエビが共生する理由!水槽でも見れる!

エビの腰が曲がってる理由!

まるでカメレオン!変幻自在に色を変えるエビ!

【ドウケツエビ】衝撃!カイメンの体内で生涯出られないエビ!

イセエビとロブスターの圧倒的な3つの違い!

エビやカニを茹でると赤くなる理由!

【フリソデエビ】ヒトデしか食べないエビ!飼育もできる大人気のエビ!

 

※マリブでは水槽おすすめ商品を皆様にわかりやすくご案内しています!

★おすすめ商品★

おすすめ商品カテゴリークリックすると一覧が出てきます)

水槽掃除グッズ水質測定試薬全種類クーラーヒーターサーモスタッド外部式フィルターLEDライト 水槽台照明タイマーフードタイマー水槽用マットエアーポンプ水流ポンプ水中ポンプカルキ抜きウールマット比重計水温計人工海水ろ材底砂phモニター殺菌灯人工餌冷凍餌スポイトピンセットバケツ隔離ケースなどなどたくさんのアクアリウムのおすすめ商品を掲載しています!

まとめ

おがくずは保湿性が高く、さらに低温で輸送することでエビの呼吸量を抑えているのだ!

 

さらに言えば、おがくずに埋もれているので活動できません。つまり、酸素を消費しないため長時間生きられるのです!

 

海水アクアリウムで超有名なスカンクシュリンプは大人気です!

 

詳しくは、【完全網羅】海水水槽で大人気の5種類のエビ一覧!をどうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
Avatar photo
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!