記事公開日:2019.2.20最終更新日:2020.8.28

【なぜ?】エビがおがくずの中でも死なない理由

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

なんでエビはおがくずの中でも生きられるの?

 

【結論】おがくずは水分の保湿性が高く、さらに低温で輸送することでエビの呼吸量を抑えているから生きていられるのです!

 

皆さんのお家に生きているエビが冷凍ボックス入るで送られてきたことはありますか?

 

大体は、フタ付きの発砲スチロールの箱の中に”おがくず”がギッシリと敷き詰められていて、その中にエビが埋まっている状態です。

 

そして、エビを手に取ると・・・生きてるーーーー!!!!

 

こんなビックリ体験をされた方もいるでしょう。

 

ウブカタ
実はこんな仕組みがあったんです!!

エビがおがくずの中でも死なない理由

エビがおがくずの中でも死なない理由

エビはエラで呼吸をしています。

 

エビのエラは、胸のあたりの殻の内側にあって、エラに触れる水から酸素を取り込み、二酸化炭素を出しています。

 

つまり・・・エラに周辺に水分があれば呼吸ができて、エラが乾けば死んでしまいます。

 

おがくずは保湿性が非常に高いため、エビのエラの周囲に水分を保持することができるのです。

 

だからおがくずを詰める前に、胸のあたりを十分に水分で湿らせておけばエビは生きられるのです。

 

おがくずに保湿性があるとはいえ、海中よりもはるかに水分量は少ないです。

 

そんな過酷な環境で何時間も生きていられるのは、低温で輸送して、エビの呼吸量を抑えているのです。

 

そして、おがくずの中に埋もれていて身動きがとれないため、酸素をあまり消費しないことも長時間生きられる理由です。

 

★エビ関連記事★

まとめ

おがくずは保湿性が高く、さらに低温で輸送することでエビの呼吸量を抑えているのだ!

 

ウブカタ
さらに言えば、おがくずに埋もれているので活動できません。つまり、酸素を消費しないため長時間生きられるのです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!