記事公開日:2019.1.31最終更新日:2019.12.18

【完全納得】エビやカニの血液が赤くない理由!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

エビやカニの血液は赤くありません!無色透明なんです!

 

不思議ですね!確かにエビやカニから赤い血が出てるイメージはありませんよね。

 

それでは、エビやカニの血液が赤くない理由をご案内します!

 

イカ・タコを切っても血が出ない理由!も合わせてどうぞ!

エビやカニの血液が赤くない理由

まずは、血液が赤い脊椎動物の血が赤い理由

これは血液中の赤血球が血液色素タンパク質である鉄を含む『ヘモグロビン』を持っているから血液が赤いのです。

エビ・カニの血液が赤くない理由は色素がヘモシアニンだから

呼吸色素は銅を含む『ヘモシアニン』であり、ほとんど無色透明なのです。

そのため血管は肉眼ではよくわからないし、切っても血液がどこへ流れているのか分かりません。

血液がわかりにくけど、鮮度判定に役立つ!

エビやカニの血液がわかりにくい代わりに、この血液が変化して鮮度判定に役立つのです。

 

エビやカニの血液には『チロシナーゼ』という酵素が存在しています。

 

この酵素は、空気と接触しているうちに、時間が経つとメラニンを形成し黒色になります。

 

これを「黒変現象」といい、鮮度低下の指標となり、魚市場では嫌われる原因となります。

 

よくエビやカニの甲羅の内側が黒くなっているのがそれです。

 

しかし、人体には無害です。

 

★関連記事★

ウソだろ!?〖透明な血液を持つ海水魚〗が不思議すぎて目を離せない!

魚の血液型は全てA型!

まとめ

エビやカニの血液が赤くない理由は、『ヘモシアニン』という色素が無色透明だからです!

 

ウブカタ
エビやカニも知れば知る程面白いでしょ~!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!