【そうなんだ!】鮮度のいい貝の3つの見分け方!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

鮮度のいい貝の3つの見分け方!

 

結論

①貝が動いている
②磯の香りがしている
③2つの貝を打ちつけてカチンと澄んだ音がしている

 

ウブカタ
これで新鮮な鮮度のいい貝を選べるようになります!

 

貝の鮮度の見分け方

①動いているか?

アサリの場合、パックの中で殻を閉じ、塩水に入れると水管を出すのが生きているものです。

半開きになっていても、触ると勢いよく口を閉めるものは活きがいい。

逆に触っても閉じないものは死んでいて、反応が鈍いのも弱っている証拠。

巻貝の場合も同じで、アワビやサザエをつついてみて動くものが新鮮です。

 

 

★関連記事★

【図解付き】『活きがいい魚』と『活きが悪い魚』の意味!

【飼育OK】海水魚水槽にハマグリを入れられる?

 

②磯の香りがすればOK

匂いも大きなポイントです。

生臭く、明らかに嫌な匂いがするものは古いし。

アサリなどは死ぬとすぐに嫌な匂いに変化します。

磯の香りがしてる貝は新鮮です。

 

③澄んだ音がすればOK

2つの貝を打ちつけて、カチンと澄んだ音がすれば新鮮です。

曇ったような鈍い音がする場合は、鮮度が落ちている可能性が高いです。

 

★貝関連記事★

まとめ

①貝が動いている
②磯の香りがしている
③2つの貝を打ちつけてカチンと澄んだ音がしている

 

ウブカタ
これで貴方は貝マスター!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)