記事公開日:2019.3.31最終更新日:2020.9.14

【丸わかり】海水水槽に使用するライトの付け方は2種類

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

水槽メンテナンスサービスで使用するライトの『付け方』は2種類です!

 

●クリップ型

●リフトアップ

 

ウブカタ
それでは、ご案内します!あなたに合った付け方を見つけてください!

【水槽レンタル】海水水槽に使用するライトの付け方は2種類

クリップ型

 

メリット

●海水水槽シーンではメジャー
●見た目がカッコ良くなる
●サンゴ飼育に向いている

 

デメリット

●キャノピーを被せなくなる

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

リフトアップ型

 

メリット

●水槽上部を占領されないのでコンパクトな見た目になる
●淡水水槽ではメジャー
●キャノピーを被せられる

 

デメリット

●サンゴ飼育にはやや不向き(別でクリップ型のライトを追加すれば問題ない)

 

 

【番外編】上記2種類以外のライトの付け方

吊り下げタイプ(メタハラ)

まずレンタルでは使用しません。

 

メタハラとは、メタハライドランプでサンゴ飼育には定番のライトでした。

 

もちろん今でも効果はありますが、最近はLEDで代用できます。

 

※一部のハードコーラルSPS(ミドリイシ)にはメタハラじゃないと育成できない種類がいます。

 

その理由は、メタハラは電気代が高くなる・メタハラ自体が高価という面があります。

 

水槽サービスでは使用することはありません。

 

※吊り下げタイプのLED照明もあります。

 

水中用ライト(装飾目的メインなので生体には不向き)

まず使用しません。

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

ナイトクラブなどの演出として使用されることがございます。詳しくは、【エアーカーテン】海水魚水槽を綺麗なブクブクで演出する方法!をどうぞ。

 

★照明おすすめ商品★

【プロ納得】水槽LED照明ライトクリップはコレがおすすめ!

【プロ推薦】水槽用ライトスタンドおすすめBEST3!

【プロ推薦】海水水槽の照明のタイマーおすすめBEST3

 

★照明ライト関連記事★

【海水魚水槽の照明ライト】蛍光灯とLEDだったらLEDをおすすめする理由!

【保存版】海水水槽に夜間照明は必要ない3つの理由

海水水槽に使用するライトの付け方は2種類

【違い】海水魚水槽と淡水魚水槽の見分け方はライトの色で判断できる!

【海水魚水槽の照明ライト】蛍光灯orLEDどっちがいいの?

【完全版】海水水槽の照明ライトの”色”の種類は3パターン!

水槽で使用する照明ライトは色彩心理的に落ち着く効果があることが判明!

【照明時間】海水魚・サンゴ水槽飼育におけるライトの役割!

まとめ

クリップ型とリフトアップ型の2種類になります。

マリブのオススメはクリップ型です。

その理由は、見栄えが良くなるのと、キャノピーを使用たくなってもすぐに撤去できるからです。

 

ウブカタ
マリブのお客様ではクリップ型の方が多いですね。もちろんリフトアップ型にも対応してますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!