【サンゴ海水水槽】サンゴにストレスを与えている7つの行動!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

サンゴにストレスを与えている7つの行動!

 

このブログの中でしつこい位に出てくるストレスというワード。

 

これは海水魚のみに限った事ではなく、サンゴにも当然言えます。

 

あなたのサンゴが溶けてしまう・死んでしまう・白化してしまう・ポリプが開かない・・などの原因はストレスが根っこにあります。

 

ウブカタ
このストレスの事を知るとあなたの飼育レベルは格段に上がるようになります。

 

そもそもサンゴとは口も胃もある生き物だぜ!

そもそもサンゴとは何?

 

腔腸(こうちょう)動物門花虫(かちゅう)綱八放サンゴ亜綱ヤギ目サンゴ科に属する海産動物。

 

簡単に言えば海洋生物です。生きてまーす。

 

たまにお客様に【生きてるんだ!】【水草的なやつだと思ってた!】と、リアクションをいただきます(笑)

 

なんだか嬉しい気分になりますね!

 

こういう発見をしていただけるとやりがいがあります!

 

★関連記事★

初心者必読!サンゴの基本情報はこの5つで十分!

サンゴの種類を覚えよう!

この7つの行動がストレスを与えている!

① 頻繁に配置換えをしてる

 

最も多い行動です。

 

サンゴは触られる事が大大大大嫌いです。

 

触られる事自体がストレスになってます。

 

そして水から出してしまう人がいます。

 

ほんの数秒だとしても、ダメージは致命的だとお考えください。

 

何故なら、サンゴは海面から出る事は自然では100%ありません。

 

海面からは絶対に出さないこと。

 

これを徹底してください。

 

とにかく1度配置したら最低でも1週間はいじらないこと。

 

生き物が環境に慣れるには時間が掛かるんです。

 

・ライブロックから落ちちゃう・・・
・水流で落ちちゃう・・・
・魚やヤドカリや貝などの生体が落としちゃう・・・

 

ボンドを使用しましょう。

 

できればサンゴ用が好ましいですが、マリブでは100均のゼリータイプのボンドを使ってます。

 

② 水流が強い

 

サンゴに直接水流を当ててはいけません。

 

マリブでは珊瑚水槽の場合の水流で気を付けてる事を書きます。

 

●サンゴに直接水流を当てない

●砂が移動するほどの水流の強さにしない

●サンゴの場合、ちょっと水流が弱い位がちょうどイイと思ってる

 

基本的な事が多いですね。

 

色んな方向から満遍なく水流を当てた方がイイと思って実験はしました。

 

でも、僕には合いませんでした。(これは感覚の問題です)

 

初心者必見!海水魚飼育の最強水流テクニック!

↑ ↑ ↑でも書いてますが、シンプルに使用してますが問題ありません。

 

もちろん全てのサンゴに通用するとは思っていません。

 

ソフトコーラル・ハードコーラルLPSなら特に障害になったことはありません。

 

③ ライトの点灯時間がバラバラ

 

ほとんどの方がタイマーを使用して管理してる事でしょう。

 

そのタイマーは正確ですか?

 

日によってバラバラでストレスを与えている様なものです。

 

リズムを一定に保つ事が重要です。

 

8時間がベストです。

 

④ 比重が低い

 

最低ラインが1.020かなと思います。

 

サンゴは汽水が流れてくる場所には生息してないので比重に関しては魚よりも神経質。

 

1.023を基準に作りましょう。

 

多分、ここでつまづいてる人多いと思いますよ。

 

⑤ 水換えスパンが長い

 

極論言うと毎日が本当は好ましいです。(魚もそうです)

 

でも、現実的にそれは無理。

 

2週間に1度と決めてしまいましょう!月2回で順調な水槽になるなら嬉しいでしょう!

 

2週間を過ぎると急激に水質の劣化が早くなります。

 

ぶっちゃけ水換えが1番効果的です。

 

⑥ ビタミン剤を入れ過ぎてる

 

言っちゃうよ!?

 

ビタミン剤より水換えの方が遥かに効果的!

 

ご説明しますね。

 

あなたの使用してる人工海水の裏側を見てください。

 

成分がバーッと掲載されてます。(約80種の微量元素)

 

すごい量のビタミン・成分が配合されてますよね。

 

つまり1回の水換えでそれだけ補給できちゃうんです。

 

水換え=ビタミン補給と思ってください。

 

だから調子悪いなと思ったら、水換えをしてください。

 

⑦ 魚がつつくor食べる

 

ヤッコに多いですね。つつくと食害は個体によるから何とも言えません。

 

チョウチョウウオは絶対ダメですよ?

 

彼らは海では珊瑚をエサにしてるんです。

 

ヤッコ・チョウチョウウオはサンゴ水槽では冒険と言えるでしょう。

 

ソフトコーラルギャラリー

ハードコーラルギャラリー

 

サンゴは特にストレスに敏感である事を忘れてはいけない

●溶けた!       

●白化した!      

●ポリプが開かない!  

●つつかれる食べられる!

●死んじゃう!    

 

 

調子が悪い生体の根っこは全てストレスが原因です。

 

★サンゴ関連記事★

【サンゴ水槽】サンゴの種類を覚えよう!

【初心者必読】海水水槽!サンゴの基本情報は5つで十分!

サンゴで分かる!昔の地球の1年は”400日”だった!

サンゴと共生するサンゴガ二!水槽内でも見れる美しいカニ!

サンゴに絡まる釣り糸の被害・・・百害あって一利なし。。。

サンゴの天敵!オニヒトデの生態!

サンゴ(珊瑚)の名前の由来!

まとめ

・水換えを怠らずに清潔な水質をキープ(2週間に1回)

・適度な水流(緩やかで全体を一回りするイメージ)

・比重(1.023~1.026がベスト)

・満足のいく光量(ここは確かに難しい。でも、光が弱くて死ぬのは限られたサンゴという印象、マリブの水槽の例では、60ワイドサンゴ水槽で20W1灯だけでも元気です)

・海水水槽では大前提の水温キープ(29℃を超えるとダメ)

 

ウブカタ
確かにサンゴ飼育は難しいです。1つ1つ原因を潰していきましょう!とにかくいじらないこと。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)