水槽レンタル会社が教える!海水魚水槽の3つのコケ対策!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

せっかく水槽導入したのに、コケまみれの水槽なんて嫌!!!

 

こんな事でお考えではありませんか?

 

コケというのはあらかじめこちらでコントロール出来る存在です。

 

ウブカタ
つまり、プロが管理する水槽はコケまみれになりません!その方法をお伝えします。

苔(コケ)ってなに?

苔は植物です。世界中に2万種類ほどあり、我が日本ではおよそ1800種類ほど生育しています。

 

主な苔の種類は3種類

 

・セン類・・茎と葉が見た目でで区できる形をしている。

・ツノゴケ類・・茎と葉の区別がない。全体が平たい葉みたいな形状をしている。

・タイ類・・外見で見分けるのは困難なほど複雑。

 

苔は植物と覚えてください。

水槽内に苔が生える3つの原因

① ライトが長時間点灯されてる

苔自らが光合成を行い、繁殖スピードが速くなります。

 

ライトの長時間使用はNGです。

 

長くても8時間程度にしておきましょう。

 

② エサの与えすぎ

単純に栄養源が多ければそれだけ苔のエサが増えて増殖します。

 

③ 水換えスパンが長い

水換えのスパンが長ければ水は劣化します。

 

すなわち、エサの食べ残し・フン・尿が蓄積していき苔の大好きな環境になり増殖していくというわけです。

 

僕の経験上この3点に収まります。

 

わかりやすく説明しますから安心してくださいね。

コケを抑える簡単な方法!

① ライトの点灯時間を短くする!

ズバリ点灯時間を短くする!です!

 

8時間なら7時間にする。

 

海水魚水槽なら日中の数時間でもいいくらいです。

 

海水魚のみの水槽でのライトは飾りと覚えていただいて結構です。

 

じゃあサンゴ水槽は?

1日8時間点灯しているなら、1日30分づつ短くしていき合計2時間僕ならカットします。

 

つまり4日で2時間カットです。

 

大切な事を覚えていただきたいことがあります。

 

海の生き物の飼育はゆっくりゆっくりです。

 

急激な環境変化は生体的に受け付けられません。

 

一気に2時間カットしたらあなたのサンゴは死んでしまいます。

 

30分づつカットしてください。お願いします。

 

合計2時間カットしたらコケの抑制に大いに貢献するでしょう。

 

② エサを少しづつ減らすorろ過を強化する

2通りあります。

 

1つ目の解決法・・・エサを少しづつ減らす。

 

いきなりドカンと減らしちゃダメです。ストレスになって皮肉な事に拒食になります。

 

大盛り一杯あげてたら中盛りにする期間を1週間続ける。

 

その後の水槽のコケ具合を見ながら調節していくわけです。

 

これだけで水中の栄養源は少なくなります。

 

そして今まであげていたエサの半分までは絶対に減らさないでください。

 

何故なら、今までのエサの分量リズムで体の免疫力をつけていたからです。

 

エサが半分になれば単純に魚に与える栄養も半分。

 

海水魚は1度痩せるとほぼ復活しません。

 

僕の感覚では確かにエサをたくさん与えればコケの増殖を手助けをしている様ですが、

 

エサを減らすという方法は賢くないし、素人の方にはリスクが高いと思います。

 

下記にオススメの方法をお伝えしますね。

 

2つ目の解決方法・・ろ過を強化する。

 

例えます。

 

パターンA

あなたは自分の部屋の掃除をしました。たくさんのゴミが出てきました。

しかし、スーパーの袋が1つしかありません。

パンパンに詰めても他にもゴミはたくさんあります。

そのままの環境であなたは過ごさなきゃいけません

 

パターンB

あなたは自分の部屋の掃除をしました。たくさんのゴミが出てきました。

100リットルの大きなゴミ袋があります。

ゴミを全て詰め込みました。

部屋が煙っぽいので部屋の窓を開けて新しい空気を入れました。

さらに空気清浄機もつけました。

 

あなたなら過ごすとしたらどっちの部屋を選びますか?

 

パターンBですよね。

 

この話は水槽に例えてるのはご理解いただいてると思います。

 

パターンAは外部式フィルター・外掛けフィルターに例えてみました。

 

パターンBはオーバーフローシステムに例えてみました。

 

・100ℓの大きなゴミ袋・・ウールBOXと十分なウールマット

・新しい空気・・オーバーフローシステムのメリットの1つの酸素供給

・空気清浄機・・プロテインスキマー。ゴミを濾し取る役目。

 

ろ過能力が高ければコケの抑制はできるし、健全な水槽は作れます。

 

安易なろ過フィルターは長い目で見ればデメリットしかありません。

 

③ 水換えを定期的にする

2週間に1回は水換えしてください。

 

水換えの最大の目的ってご存知ですか?

 

それは、古い水を取り出し、フレッシュなビタミン豊富な水を入れること

 

水槽内をフレッシュに保つという事です。

 

これが水換えの目的です。

 

定期的に水換えしてる水槽はコケで覆われる事はありません。

 

水換えしないのはコケだけの問題ではなくトータルでマイナスにしかなりません。

 

いかがでした?

 

ちょっと難しかったですかね?

 

簡単に言うと、定期的に水換えしなければいけないということです。

 

水槽レンタルなら業者が行うので安心ですね。

こんな場合はしょうがない

・立ち上げ1カ月以内

 

立ち上げて1カ月以内はろ過が不安定なのでコケは出ます。

 

しかし、正しい方法で水槽管理してれば必ず収まりますからご安心ください。

 

※正しい方法とは定期的な水換えと経験値です。

 

★関連記事★

【海水魚のプロ】水槽レンタルでコケまみれなんて嫌!そうならないためのプロのお役立ち情報!

水槽に手を入れなくてもコケ取りできる魔法のアイテム

【砂利掃除】海水水槽に敷いている底砂に生えたコケを取る方法!

まとめ

①ライト点灯時間を短くする時はゆっくりゆっくり!

①エサを極端に減らすのではなくろ過の強化!

③水換えを定期的にする!

 

ウブカタ
どれも基本の考え方です!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)