【必要性】海水水槽のプロテインスキマー全情報!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

プロテインスキマーの全まとめ!

 

プロテインスキマーをご存知でしょうか?

 

ご存知ない方もいらっしゃると思います。

 

使い方次第では、強力な機材です。

 

ウブカタ
プロテインスキマーの基礎知識をわかりやすくご案内します。

プロテインスキマーの基礎知識

プロテインスキマーとは?

 

小さな泡を発生させ、その発生した泡で水中の汚れ(タンパク質など)を吸着除去する装置です。

また海水槽では低下しやすい溶存酸素を補給することができます。

 

 

 

 

 

 

どう使うの?

 

①ろ過層に設置するタイプ

②水槽に設置するタイプ

 

この2パターンです!

 

プロテインスキマーの種類

エアーリフト式

 

エアーポンプを使って、ウッドストーンから微細な泡を発生させる方式です。

 

マメデザインの「マメスキマー」が有名です。

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

ベンチュリー式

 

ポンプ内のインペラーで空気をかき混ぜて、細かな泡を出し、汚れを濾し取ります。

 

オーバーフロー水槽のろ過層内に設置します。

 

このベンチュリー式が1番流通しています。

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 
 

ダウンドラフト式

 

自然の海で岩場に波がぶつかるとザッバーンと細かい泡ができます。

 

あの原理を基本とし、ドライボールに強い水流をぶつけて細かい泡を発生させる方式です。

 

 

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

プロテインスキマーのメリット

有害物質になる前に取り除くことができます。

 

よって、健全な水質にすることが可能です。

 

図で表すと・・・(クリックすると大きくなります)

 

 

CUT!!!!

 

簡単に言うと・・・

 

アンモニア→亜硝酸→硝酸塩の流れに行かせずにカットできる!

 

という事です。

 

★関連記事★

【これで飼育がうまくいく】海水魚水槽の濾過の流れ!

 

海水魚水槽には必要か?

海水魚のみの水槽では必須ではない!

 

水槽内のろ過の流れを復習しよう!

 

有機物(エサの食べ残し・フン・オシッコ等)

アンモニア

亜硝酸

硝酸塩

 

という流れです。

 

あれ?

 

有害物(アンモニア・亜硝酸・硝酸塩)にならないんだったら必要じゃないの?と、思いますよね?

 

下記で詳しく述べます。

 

★関連記事★

【これで飼育がうまくいく】海水魚水槽の濾過の流れ!

 

何故、海水魚水槽には必須ではないのか?

 

簡単に言うと、スキマー1台ではろ過が間に合わず、スキマーがパンク状態になるんです!

 

次から次へたんぱく質等を取り除くのはとんでもないパワーとスキマーのトリミング能力が求められるのだ。

 

処理して、速攻で『もう!!!???』と、スキマーは泣いている。

 

そして、処理に間に合わない・・・

 

しかし、本来のろ過の負担を軽減している効果はある!

 

つまり結論はこうだ!

 

海水魚水槽におけるプロテインスキマーのメリットはろ過のサポート役になるということだ。

 

メインは無理だけど、サポート役には向いてるということだ。

 

マリブでは海水魚水槽には付けていない。でも絶好調!

はい。つけておりません。

 

ろ材のみのシンプル構造です。

 

もちろん過去には付けて実験していたことがある。

 

5年つけてました。

 

感想は・・・

 

『あって困るモノじゃないが、なくても困らない』

 

海水魚水槽には特に必要ないよ!って事でございやす。

 

 

サンゴ水槽にはプロテインスキマーのみが好ましい!

サンゴ水槽にプロテインスキマーは必要か?

 

はい。必要です。

 

何故ならば、サンゴは有害物(アンモニア・亜硝酸・硝酸塩)にめっぽう弱いからです。

 

普通のろ過器で飼育できるサンゴもいるが、サンゴにとっては辛い環境・・・

 

ポリプが開かない・・溶けちゃう・・という、出来事は水質が関係してることが多い。

 

出来るだけ、有害物(アンモニア・亜硝酸・硝酸塩)をCUTする必要が出てきます。

 

ここでこんな疑問が出てこないだろうか?

 

ろ材いらないんじゃない?

 

その通り!いらない!と、マリブでは思っている。

 

わざわざ、ろ過をする流れを強制的に作らなくてもいいのだ。

 

※大前提として、魚は水を汚すから多く入れられません。

 

サンゴ水槽にはベンチュリー式のスキマーが最強!

 

まず、大前提としてオーバーフロー水槽にしてください。

 

ベンチュリー式は能力もパワーも高いので珊瑚水槽にはベストなスキマーです。

 

小さいスキマー付けたって効果はありません。

 

ろ過層にプロテインスキマー1台で回すのが最も理想的。簡単でしょ?

 

このシステムの名前をベルリン式と言います。

 

機材はプロテインスキマーのみ!

 

ベルリン式のろ過法則

 

プロテインスキマー1台とライブロックでろ過をします!

 

ライブロックの状態が悪ければ、ろ過もせず、汚れた岩を入れてるだけになります。

 

★関連記事★

ライブロックの選び方

 

 

サンゴ水槽にはベルリン式が一番失敗なく飼育できる!

まとめ

●海水魚水槽には必須ではない!

●サンゴ水槽にはろ材はいらない!プロテインスキマーとライブロックのみでろ過するベルリン式がオススメだ!

 

ウブカタ
海水魚水槽ならサブの役割!サンゴ水槽ならメインろ過にもなる役割!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)

最新記事 by マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス) (全て見る)