記事公開日:2018.4.11最終更新日:2020.9.15

【知らなかった!】魚の正しい”尾”の位置!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

魚の尾の正しい位置をご存知ですか?

 

ほとんどの方が知らないと思います。

 

魚の正しい尾の位置!

 

ウブカタ
そうだったんだ~!と必ず思いますよ!

魚の正しい尾ビレの位置

魚のヒレは5種類

そもそもの各・ヒレをまずは見ていきましょう!

 

●胸(むな)びれ

●背(せ)びれ

●腹(はら)びれ

●尻(しり)びれ

●尾(お)びれ

 

 

★関連記事★

なんで魚は泳ぐの?

 

肛門から後ろ全部が”尾”なのだ!

衝撃!”尾”は肛門から後ろ全てを指すのだ!

 

つまり、僕たちが見てる尾ビレは、”尾の一部分に過ぎない”ということなんです!

 

 

ややこしいけど、尾ビレは尾の一部分ということです!

 

魚の体は3つに区分される!

●頭部(とうぶ)
軀幹部(くかんぶ)
●尾部(おぶ)

魚の体は3つに区分されてます!

 

頭部(とうぶ)・・・感覚器官が集中していて、脳の神経の中枢がある

軀幹(くかんぶ)・・・循環・消化・生殖・泌尿(ひにょう)などの器官が集まる


尾部(おぶ)・・・筋肉で成り立つ運動器官で、運動を助ける背びれ・尻びれ・尾びれがついている

 

尾のない魚はいない

魚は脊椎動物なので、僕たち人間と体のつくりは大きく変わることはありません。

 

尾がない魚はいません!

 

尾が無くなりかけてる魚はいる

マンボウが良い例です。

 

マンボウには尾びれがありません。

 

尾びれのように見えるのは、背びれと尻びれが上下から寄ってくっついてできたものです。

 

photo by Brian Snelson

 

このヒレのようなものを橋尾(きょうび)と呼びます。

 

つまり、ニセモノの尾びれなのです。

魚種別・尾の使い方

キンチャクダイ

アクアリウム通販NO.1のチャームでお買い物ができます!画像はタテジマキンチャクダイ

 

キンチャクダイは、尾びれ異性の体に触れさせて求愛する。

 

 

ダテハゼ

アクアリウム通販NO.1のチャームでお買い物ができます!画像はヤノダテハゼ

 

巣穴の入り口で敵を見張り、危険が近付くと[ホラ、ホラ危ないよ!]と、エビに危険をお知らせする。

 

 

スズメダイ

アクアリウム通販NO.1のチャームでお買い物ができます!画像はデバスズメダイ

 

尾びれであおいで、巣の中の卵に新鮮な水流を送りつづける。

 

 

フグ

アクアリウム通販NO.1のチャームでお買い物ができます!画像はミナミハコフグ

 

フグは尾びれを使わず、尾部の上下の尻びれと背びれを左右にはたいて泳ぐ。

 

 

カワハギ

アクアリウム通販NO.1のチャームでお買い物ができます!画像はクラカケモンガラ

 

尾びれを使わず、背びれと尻びれを波打たせて前進後退する。

 

 

ウナギ

アクアリウム通販NO.1のチャームでお買い物ができます!画像はウナギ(恐らくニホンウナギ)

 

長い尾全体を左右にくねらせて移動します。

 

サケ

photo by herdiephoto

 

尾びれをシャベルのように使い、産卵床を掘る。

 

 

カツオ

 

尾の筋肉の力で尾びれを左右に力強く振って高速で泳ぐ。

 

尾は運動器官として、泳ぎに使われたり、さまざまな目的で使用されます!

 

★尾関連記事★

魚の泳ぎ方は全部で4種類!

まとめ

尾びれとは、尾の一部分!

 

ウブカタ
意外でしょ!?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!