記事公開日:2019.4.19最終更新日:2020.10.22

【完全版】水槽で魚が消える7つの理由!

 

こんにちは。神奈川・横浜の海水水槽専門レンタル・メンテナンスのマリブのウブカタです。

 

魚が突然いなくなった!!!

 

ねぇ生方さん!魚が消えたんだよ!なんで???

 

よくいただくご質問です。

 

水槽メンテナンスサービスではあるあるなのでマリブは驚きません(笑)

 

でも、わからないと不安ですよね・・・

 

ウブカタ
では、何故突然魚が消えたのか?マリブの経験をベースにご案内します!これであなたはパニックにならなくなりますよ!

 

急に魚がいなくなった理由で考えられる5つのこと

理由その① 死んで他の生体に食べられた

魚は死ぬとまず底に転がります。

 

腐敗がかなり進むと腹を上にして浮かびます。

 

詳しくは、【プロが教える】魚が死ぬと浮く理由!海水水槽メンテナンス知識!をどうぞ。

 

ただ!

 

大体の魚は死ぬと他の生体(魚・ヤドカリ・カニ・貝・エビなど)に食われちゃいます。

 

小型魚サイズなら2日もすれば跡形もなく食われます。

 

※小型魚サイズとはあなたの小指くらい(5㎝前後)

 

逆に中型魚以上なら、グロテスクな言い方になってしまいますが、一部分を食われ転がります。

 

その後、浮いてきます。

 

※中型魚サイズとはあなたの手のひらサイズくらい(17㎝前後)

 

魚がある日、突然いなくなる原因は死んでしまったケースがほとんどです。

 

よく質問されるのですが、「待って!朝はエサも食べてたんだよ!」と言われます。

 

残念ですが、急に死んでしまうのも海水魚の特徴です。

 

大体は、こういう流れになります。

 

①エサを食べなくなる
②ライブロックに隠れがちになるor一定の場所から動かない
③死んでしまう

 

教科書的な流れは上記です。

 

しかし、予兆もなにもなくパタッと死んでしまうこともあります。

 

何十年も見てますが、これは見抜けません。

 

諦めて感謝の気持ちで供養しましょう。

 

理由その② ライブロックの奥に隠れてる

これは新入りの魚にありがちです。

 

1週間前後で水槽前面に出てきるはずです。

 

でも、この前までは泳いでいたのに急に隠れたときは?

 

体調が悪くなった(エサを食わないはずです)から隠れるんです。

 

①エサを食べなくなる
②ライブロックに隠れがちになるor一定の場所から動かない
③死んでしまう

 

見守るしかありません。

 

変に手を出すと確実に死にます。

 

詳しくは、魚が病気みたいで調子が悪そうな時の対処法!をどうぞ。

 

理由その③ 水流ポンプに死んでくっついてる

サーキュレーターを使用していない限り、水槽内の水流は一定の流れで動きます。

 

※サーキュレーターとはサンゴ水槽によく使用する流れを強くしたり、弱くしたりする機材です。海水魚水槽には必要ありません。

 

すると、死んだ魚は段々水流ポンプの吸い込み口に吸い寄せられます。

 

死んでしまってることがほとんどなので抵抗しないので水流に巻き込まれるイメージです。

 

すると、水流ポンプの吸い込み口にピタッとくっつきます。

 

まず魚がいないと感じたら水流ポンプを見てみましょう。

 

そこにいる可能性もあります。

 

いなければ選択肢から外せます。

 

理由その④ フロー管に入ってしまい、ウールBOXにいってしまった

確率はかなり低いですが、小型魚ならあり得ます。

 

フロー管を見てもしょうがないので水槽台を開けてウールBOXを見てみてください。

 

もし、入ってしまっていたらウールBOXの中のウールマットの上で息絶えてるはずです。

 

当然、マリブではフロー管に侵入してしまう対策をしてますが、稀にあります。

 

本当に稀なケースです。

 

理由その⑤ 砂に潜る生体だった

実は砂に潜る生体だった!

 

ベラがそうです。

 

●砂に潜る生態
●ライブロックの奥で眠る生態

 

ベラは面白いことに公務員のような生活をします。

 

日の出と共に活動し、日の入りになると寝床へ帰るという生態をしています。

 

砂に潜るベラ

※画像はイエローコリス

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

砂に潜る人気のベラたち

・イエローコリス
・ライムラス
・ツユベラ

★関連記事★

【意外と知らない】ベラが砂に潜る理由

 

ライブロックを寝床にするベラ

※画像はホンソメワケベラ

 
アクアリウム通販業界NO.1のcharm(チャーム)で購入できます!
 

 

ライブロックを寝床にする人気のベラたち

・ホンソメワケベラ
・ニセモチノウオ
・オトメベラ

 

理由その⑥ 飛び出し事故

飛び出し事故は恐らく世の中で毎日起きてます。

 

対策は本当に簡単。

 

フタをするのみです。

 

蒸発対策が最大の目的ですが、飛び出し事故も防げますのでフタをしない理由はありません。

 

★関連記事★

海水魚水槽にフタは必須!フタの教科書!

海水魚の飛び出し事故の完全防止方法!

 

理由その⑦ ペットがいたずらした

ウソのような本当の話はアクアリウムではあります。

 

僕の経験では、「猫」がシャーッとすくって投げたという事件がありました。

 

この解決も簡単。

 

フタをするだけで防げます。

 

世の中にはフタをしない方がまだまだ多いのが現状です。

 

★関連記事★

海水魚水槽にフタは必須!フタの教科書!

【プロが教える】水槽における4つの猫対策の方法!

まとめ

慌ててもしょうがありません。

不安になる気持ち・なんとかできないかという気持ち・・・痛いほどわかります。

僕も何十回・何百回と命を救おうとして手出ししたことがあります。

それで助かったのは数匹いるかいないかです。

 

①死んで他の生体に食べられた
②ライブロックの奥に隠れてる

ほとんどがこの2パターンです。

残念ながらいくら最適な水槽環境を創ってもいつかは死んでしまいます。

心構えをしていただければと思います。

魚が病気みたいで調子が悪そうな時の対処法!でも書いてますが、なにもしないことが一番の愛情なんです。

こういう愛もあるんです。

 

ウブカタ
①死んで他の生体に食べられた②ライブロックの奥に隠れてるこのどちらかと思います。慌てても良いことは何一つありません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
マリブ(海水水槽専門レンタル・メンテナンス)
神奈川県内・横浜で海水水槽専門でレンタル・メンテナンスをしています。 海水魚・サンゴ水槽のメンテナンスならマリブへお任せください!